Archiscape


Archiscape
by S.K.

カオスの収束点

かなり大規模な建築のお手伝いをしている。免震装置をもつ建築で、私にとっては初めての経験である。こうした建築の現場で作業をしている職人たちの行動をみていると、建築という仕事は何か根源的な経験を含むものだ、ということを感じる。我々は21世紀の建築をつくるが、この職場の様子は、きっと素材や構法こそ違うものの、職人たちの働きぶりは古代の頃にも同じであったのでは、と感じられるような経験なのである。

それぞれの職人たちは異なる職種である。その職人たちが自らの役割を果たす。その結果が建築物となって完成する訳だが、その過程においては、カオスの状態なのである。建築物が完成する最初から最後まで現場にいる職人はほとんどいない。自分の仕事を終えたら、次の現場へ移っていく。竣工までほとんどが外部での作業になるから、特に基礎工事を終えるまで、作業中は泥だらけ、泥まみれになる。こうした仕事も考えてみたら珍しい。建築は第一次産業といってもよいのかもしれない。

図面はあるが、役者のように台本があるわけではない。その現場の中でどのように働くのかは、常に頭で考えなければならない。台本を日々更新していくような芝居、それが建築現場だ。職人たちはけんかもする。我々の方は失敗もする。それをまたカバーし、乗り越えていくための知恵を絞り出す。日々が闘いであり、戦場にいるような職場でもある。

職人たちの働きは、それぞれ職種により全く異なる。しかし、その異なる動き(働き)が、最終的には一つの建築物へと収束していく。カオスの収束点、それが建築という行為のゴール、すなわち竣工である。

こんなにも興味深い仕事が他にあるのだろうか。私は日々、そう感じながら仕事を手伝っている。

住宅の規模では、上のような考えは導きだされない。住宅はやはり少数の職人による個人的な仕事であるから、職人同士の関係が友人、同僚という関係に近いかたちで進行する。規模が大きくなると、友人、同僚ではなく、都市化する。人と人とが都市の中で接するような緊張感が生まれてくる。
[PR]
by kurarc | 2014-03-25 23:24 | archi-works
<< コピペ 砂の採取02/葉山 一色海岸/... >>


検索
最新の記事
カテゴリ
Notes
HP here

e-mail here

■興味のあるカテゴリを見た後に、また最初のページに戻るには、カテゴリの「全体」をクリックしてください。

■カテゴリarchives1984-1985では、1984年から1985年にかけて行った11ヶ月の旅(グランドツアー)について紹介しています。
画像は30年前のスライドをデジタル化しているため、かなり劣化しています。

■カテゴリfragmentでは、思考のヒント、覚書き、論理になる前のイメージ等、言葉を羅列する方法で書いています。

ライフログ
画像一覧
以前の記事