Archiscape


Archiscape
by S.K.

HP 一つの仕事として

新しいHPをやっと公開することができた。PCの相次ぐ故障によって、無駄な時間を費やしてしまった。

幸い、HPのソフトが無償でバージョンアップできることに気がつき、今後はさらに新しい機能を取り入れられそうである。しかし、動画画像であるとか、写真を動かす、といったことはいまのところやるつもりはない。ブログを取り込むことは近いうちに行う予定である。

HPを専門家に頼むこともできるが、経費の問題はばかにならない。HPをつくることは、設計作業と同じく、一つの仕事としてこなさなければならないのだと思う。こうした作業をすることは、過去の仕事を顧みることになり、また新しい発想を生み出す原動力につながっていく。

建築家の名刺をみると、その建築家がどのような仕事をするのか、およそ見当がつくが、HPも同じことだと思う。だから、あまり気をぬいたものはつくれないが、かといって、あまりに凝ったものも必要ないと思う。過去に行った仕事や現在の考えが、素直に伝われることを大切にすればよいのだと思う。
[PR]
by kurarc | 2015-09-13 14:25 | archi-works
<< 映画『ロシュフォールの恋人たち』再び 建築事務所のHPのデザインを変... >>


検索
最新の記事
カテゴリ
Notes
HP here

e-mail here

■興味のあるカテゴリを見た後に、また最初のページに戻るには、カテゴリの「全体」をクリックしてください。

■カテゴリarchives1984-1985では、1984年から1985年にかけて行った11ヶ月の旅(グランドツアー)について紹介しています。
画像は30年前のスライドをデジタル化しているため、かなり劣化しています。

■カテゴリfragmentでは、思考のヒント、覚書き、論理になる前のイメージ等、言葉を羅列する方法で書いています。

ライフログ
画像一覧
以前の記事