Archiscape


Archiscape
by S.K.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

佐賀のお菓子 肥前ケシアド

b0074416_11022291.jpg
カステラがポルトガル伝来のお菓子(スペイン伝来の可能性も否定できない)であることは広く知られている。すでに世界各国の華やかなスィーツが手に入る日本では、素朴なカステラを食べる人は相当減少していると思われる。しかし、わたしは躊躇なくカステラをスィーツ、あるいは和菓子の代表と考えたい。この究極の厳選された素材でつくられる菓子、洋と和を融合した結晶のような菓子は他に思い浮かばないからである。

ポルトガルではもう一つ代表的なお菓子がある。「ケイジャーダ」と言われるチーズタルト(ポルトガル語でチーズを「ケイジョ」という)で、シントラというリスボンからほど近い街のものが有名だが、地方ごとにそれぞれ独自の「ケイジャーダ」がある。

そして、驚いたことに、このお菓子も日本に伝わっていたことを最近知った。佐賀の鶴屋という和菓子店で、その製法が伝わっていたが、当時、チーズの入手、製造が困難だったこともあり、その代わりにかぼちゃを代用したのだという。そして、最近になってチーズ、かぼちゃ、シナモンなどを使った独自の「ケイジャーダ」を当時の言い方に習い「肥前ケシアド」(上写真、鶴屋HPより借用)と名付け、販売している。

わたしもまだ食べたことはないが、使う素材から、どう考えても美味しいとしか思えない。血糖値が上がりやすい体質のため、最近スィーツは控えているが、このお菓子は一度体験してみたいと思っている。残念なことに、東京では手に入らない。購入したい場合は、直接店に注文しなければならない。

*下に鶴屋のHPよりその由来を示した文章を引用しておく。(由来の中には「ケイジャータ」と記されているが、正しくは「ケイジャーダ」である。)

由来~
 創業370年(1639年創業)の当家には、代々伝わる「鶴屋文書」という4冊の菓子の
製造書があります。江戸時代中期の宝暦5年(1755年)頃書かれたと思われるこの中の
1冊に「菓子仕方控覚」というものがあり、ここに南蛮菓子のひとつ「ケイジャータ」の記載が
あります。これは「長崎夜話草」(1720年)にも当時の長崎土産として紹介されています。
 元来「ケイジャータ」はチーズを使ったタルト風の菓子で「ケイジョ」とは、ポルトガル語で
「チーズ」を意味します。「ケイジャータ」は現在でもシントラ地方の伝統菓子として有名です。
鶴屋文書では、当時入手困難であったチーズの代用として、当時佐賀で比較的簡単に
入手できた「ぼうぶな」(かぼちゃ)の餡を使用したと書かれています。そしてこの「ぼうぶ
な」を使った「ケイジャータ」は「けし跡」「けし香」などの名前で佐賀藩主鍋島家にも献上
されたことが同じく「鶴屋文書」に残されています。しかし、残念ながらこの菓子は、製法が
むずかしいため時代とともに姿を消し、今では「鶴屋文書」に製法を残すのみとなっていま
した。
 鶴屋では、この伝説の菓子の再現を試みました。「鶴屋文書」に残る製法に従い、そこに
当時の職人たちが手に入れられなかった(手が届かなかった)チーズやシナモンを加える
ことで、職人たちの「あこがれ」を表現しました。
そしてこの度「肥前ケシアド」として復刻し、皆様に御賞味いただけるようになりました。
江戸時代の昔、「肥前の国、佐賀」にあったこの菓子を偲んで、末永く御愛顧いただけま
すようにお願い申し上げます。 


[PR]
by kurarc | 2017-09-30 11:04 | gastronomy
<< 都民の日 神代植物公園へ (仮称)三鷹 牟礼6丁目ディサ... >>


検索
最新の記事
カテゴリ
Notes
HP here

e-mail here

■興味のあるカテゴリを見た後に、また最初のページに戻るには、カテゴリの「全体」をクリックしてください。

■カテゴリarchives1984-1985では、1984年から1985年にかけて行った11ヶ月の旅(グランドツアー)について紹介しています。
画像は30年前のスライドをデジタル化しているため、かなり劣化しています。

■カテゴリfragmentでは、思考のヒント、覚書き、論理になる前のイメージ等、言葉を羅列する方法で書いています。

ライフログ
画像一覧
以前の記事