Archiscape


Archiscape
by S.K.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

21世紀のものづくり Fabスペースの広がり

慶應義塾大学環境情報学部教授、田中浩也氏のお話を聞く機会があった。田中氏は、ここ10年において世界的に広がりつつあるFabスペースの可能性を研究している研究者である。

この10年のものづくりの大きな変化の一つに3Dプリンターやレーザーカッターが個人で購入できる価格帯に変化してきたこと、また、こうした機器を常備した工房、Fabスペースが日本各地(世界各地にも)に出現していることがあげられる。2016年年末時点で全国に120ほどのFabスペースが存在する、と田中氏は言っていた。

それだけでは、工房が各地にできただけのことだが、こうした工房がインターネットを通じて世界各国につながり、世界のつくり手と情報交換が行われ、ものづくりが個人から共創性を持つ様態に変化していることである。それは、ソフトのプログラムが公開され、その改良のため多くの人間が参加、日々進化していくようなソフトのあり方が、そのままものづくりに応用されている感覚に近い。

もはや個人で閉じたものづくりではなく、参加型のものづくりの体制がつくられつつあるということである。さらに、こうしたFabスペースでは、誰が教え、誰が学ぶかと言った立場の境界は消え、誰もが生徒であり教師であるような立場に変化し、その中で様々なコミュニケーションが生まれる場がかたちづくられているという。

藤沢の慶応大キャンパス内の図書館にはすでに16台の3Dプリンター類が配備されているという。図書館は本を読む、調べると言ったスペースから、工房を併せ持つ創造するスペースとして、再定義されているのである。

こうした変化は興味深いことは確かだが、優れた宮大工が木の性質を読みこみ、ものをつくっていくようなあり方とは根本的に異なる。共創はよいが、著作権はどうなるのか、とか、Fabで代替することができないものづくりはどうなるのか、とか多くの疑問が湧いてくることも確かである。

self-helpでものをつくることの可能性とその限界、落とし穴などが今後、個人によるものづくりが進むにつれて、明らかになってくることだろう。機械を利用した一つのものづくりのあり方が加速度的に進みつつあることは確かである。

[PR]
by kurarc | 2017-10-07 21:24
<< 元麻布の安藤記念教会見学 『三陸海岸大津波』(吉村昭著)を読む >>


検索
最新の記事
カテゴリ
Notes
HP here

e-mail here

■興味のあるカテゴリを見た後に、また最初のページに戻るには、カテゴリの「全体」をクリックしてください。

■カテゴリarchives1984-1985では、1984年から1985年にかけて行った11ヶ月の旅(グランドツアー)について紹介しています。
画像は30年前のスライドをデジタル化しているため、かなり劣化しています。

■カテゴリfragmentでは、思考のヒント、覚書き、論理になる前のイメージ等、言葉を羅列する方法で書いています。

ライフログ
画像一覧
以前の記事