Archiscape


Archiscape
by S.K.
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

Dusan(デュージャン)のギター

デュージャン・ボグダノヴィチのギターリサイタルに行ったのは何年前だっただろう。久しぶりに彼のCDを聴き、その音楽の独創性と力に圧倒された。リサイタルは確かカザルスホールでの演奏会であった。多分26、27年前のことだったと思う。彼のCD『Worlds』というCDカバーに写っているサウンドホールが楕円形のギターを使用しての演奏会であった。

デュージャンは、ユーゴスラヴィアのギタリストである。彼は、フランス語でいう”LEVANT"、すなわちフランスから見たとき東方の国々、ギリシャ、ユーゴスラヴィア、ブルガリアといった自らのルーツとなる音楽を探求しながら、さらに遠くインドやアフリカの音楽(最近は中国、韓国、日本まで)までを視野に入れて、自らギター曲を作曲する作曲家であり、演奏家である。

彼の音楽は、民族音楽の探求を始め、クラッシック、ジャズに影響を受けながらも、それらどの領域にも属さないような境界の音のように聴こえる。日本には優れた演奏をするギタリストは数多くいるが、自ら演奏する曲を自らつくり発表していくようなギタリストはあまり思い浮かばない。彼の音楽は、大地にしっかりと足のついた音楽といったらよいのだろうか、ラジオからなんとなく流れてくる音楽とは一線を画す。音楽の研究者であり、実践者、その両者を兼ねた稀有なギタリストである。

ユーゴスラヴィアという土地のせいなのかどうかわからないが、落ち着いて静かに音楽の世界に浸れるのかもしれない。理知的なギター音楽、それがデュージャンの世界である。彼のCDは3枚持っているが、どれもm・aレコーディングズというレーベルの優れた録音による演奏を聴くことができる。ライナーノーツも付属していて、デュージャンによる曲の解説も充実している。最近、こうした優れた音楽を聴くことを怠っていた。”LEVANT"の世界にももう少し深入りしなければ・・・
b0074416_08561974.jpg

[PR]
by kurarc | 2017-10-22 22:45 | music
<< 映画『talk to her』 (仮称)牟礼6丁目ディサービス... >>


検索
最新の記事
カミュ 晩年の土地 ルールマラン
at 2018-02-19 23:26
韓国のMoonさん
at 2018-02-17 00:11
上連雀の飛地
at 2018-02-11 13:57
(仮称)牟礼6丁目ディサービ..
at 2018-02-08 22:35
忘れえぬ街
at 2018-02-07 00:55
日常の中のデザイン18 歯ブ..
at 2018-02-04 20:36
吹奏楽「 LA LA LAN..
at 2018-02-03 19:03
Bachトランペットマウスピ..
at 2018-01-31 20:21
麗美(REMEDIOS)の音楽
at 2018-01-30 19:49
(仮称)牟礼6丁目ディサービ..
at 2018-01-29 20:11
カテゴリ
Notes
HP here

e-mail here

■興味のあるカテゴリを見た後に、また最初のページに戻るには、カテゴリの「全体」をクリックしてください。

■カテゴリarchives1984-1985では、1984年から1985年にかけて行った11ヶ月の旅(グランドツアー)について紹介しています。
画像は30年前のスライドをデジタル化しているため、かなり劣化しています。

■カテゴリfragmentでは、思考のヒント、覚書き、論理になる前のイメージ等、言葉を羅列する方法で書いています。

ライフログ
画像一覧
以前の記事