Archiscape


Archiscape
by S.K.
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2016年 12月 14日 ( 1 )

『線文字Bを解読した男 マイケル・ヴェントリスの生涯』

b0074416_21122595.jpg
           © ZSL‐Lubetkin Penguin Pool copyright: ZSL © ZSL London Zoo

『線文字Bを解読した男 マイケル・ヴェントリスの生涯』(アンドルー・ロビンソン著、片山陽子訳、創元社)を読み始めた。ヴェントリスが建築家である、ということに興味をもったからである。

読み始めて、すぐに思いもかけないことに出くわした。彼の母はポーランド系の女性であり、離婚後、ヴェントリスをつれて住み始めたのが、「ハイポイント」という著名なモダン・ハウジングであったということである。ヴェントリスはここで育ち、線文字Bもここに住みながら解読したのだという。

「ハイポイント」を設計したのは、イギリスで活躍したリュベトキンという建築家である。ロシアから亡命し、イギリスでテクトン(TECTON)という建築事務所をつくった。このテクトンで設計した著名な仕事が、ロンドン動物園のペンギンプール(とゴリラハウス)である。このプールはわたしもポルトガル滞在中、ロンドンに旅行した時、見学した。リュベトキンはWikipediaによれば、一時ポーランドで建築教育を受けているので、ヴェントリスの母親となんらかの接点があったのかもしれない。

イギリス内のハウジングはかなり見学したが、この「ハイポイント」の見学は眼中になかった。今となっては悔やまれる。一つの本から思いがけず、モダン・ハウジングの傑作へと導かれることになったが、これも運命としか言いようがない。リュベトキンを注目するようにとの神のお告げか? 

[PR]
by kurarc | 2016-12-14 21:07 | books


検索
最新の記事
カミュ 晩年の土地 ルールマラン
at 2018-02-19 23:26
韓国のMoonさん
at 2018-02-17 00:11
上連雀の飛地
at 2018-02-11 13:57
(仮称)牟礼6丁目ディサービ..
at 2018-02-08 22:35
忘れえぬ街
at 2018-02-07 00:55
日常の中のデザイン18 歯ブ..
at 2018-02-04 20:36
吹奏楽「 LA LA LAN..
at 2018-02-03 19:03
Bachトランペットマウスピ..
at 2018-01-31 20:21
麗美(REMEDIOS)の音楽
at 2018-01-30 19:49
(仮称)牟礼6丁目ディサービ..
at 2018-01-29 20:11
カテゴリ
Notes
HP here

e-mail here

■興味のあるカテゴリを見た後に、また最初のページに戻るには、カテゴリの「全体」をクリックしてください。

■カテゴリarchives1984-1985では、1984年から1985年にかけて行った11ヶ月の旅(グランドツアー)について紹介しています。
画像は30年前のスライドをデジタル化しているため、かなり劣化しています。

■カテゴリfragmentでは、思考のヒント、覚書き、論理になる前のイメージ等、言葉を羅列する方法で書いています。

ライフログ
画像一覧
以前の記事