Archiscape


archiscape
by S.K.

2017年 03月 26日 ( 1 )

事務所 打ち合わせ用テーブル脚のデザイン

事務所の打ち合わせ用テーブルの脚をデザインした。デザインというほど大袈裟なものではないが、よく現場で職人さんが作業台として利用している二枚の板(現場では12ミリ厚のラワン合板など。ここではMDF 厚9ミリ)を中心で差し込み、脚としているやり方を踏襲したものである。天板のたわみを抑えるために貫(1×3材)でつなぎ(貫はのせているだけ)、この上に8ミリ厚のOSB(800×1820ミリ、ポーランド産)をのせて天板とする。

天板をのせない時の高さは660ミリで、今後、30ミリ厚程度の天板をのせること(この場合は、貫は必要ない)があっても、高さを700ミリ以下とするように寸法を決定した。今回は8ミリ厚の天板なので、およそ670ミリの高さのテーブルとなる。

二枚の板を中心で差し込んでいるだけなので、取り外せば板になる。全て組み立て式であり、釘金物など一切使用しない。これで最大7人座ることできるテーブルとなる。

*8ミリ厚のOSBを選択したのは、片面サンダー掛けしたものが見つかったこと、ポーランド産OSBは、カナダ産などに比べると使っている木材の破片が細かく、綺麗なことがその理由である。日本のヒノキ、スギを使ったOSBもあるが、わたしにとっては高価であったので使用しなかった。

*OSBとは、構造用下地材として開発された面材のこと。

*コの字型の脚は、見付け(見えがかり)がすべて100mmに見えるようにデザインされている。
b0074416_12130659.jpg
b0074416_13220917.jpg
*上写真は、某現場で見られた作業台。非常に優れたデザインである。わたしは今回こうした浮き上がるようなデザインにしなかったのは、事務所床がビニール床シートであり、集中して荷重をかけないようにしたため。集中して荷重をかけてしまうと、床にその跡が着いてしまうからである。硬い床であれば、このようなやり方をさらに発展させてデザインすることが選択できた。


[PR]
by kurarc | 2017-03-26 12:13 | design


検索
最新の記事
カテゴリ
Notes
HP here

e-mail here

■興味のあるカテゴリを見た後に、また最初のページに戻るには、カテゴリの「全体」をクリックしてください。

■カテゴリarchives1984-1985では、1984年から1985年にかけて行った11ヶ月の旅(グランドツアー)について紹介しています。
画像は30年前のスライドをデジタル化しているため、かなり劣化しています。

■カテゴリfragmentでは、思考のヒント、覚書き、論理になる前のイメージ等、言葉を羅列する方法で書いています。

ライフログ
画像一覧
以前の記事