Archiscape


archiscape
by S.K.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:横須賀-Yokosuka( 11 )

横須賀製鉄所パネル展へ

b0074416_2042411.jpg

久しぶりに横須賀へ。さいか屋横須賀店で開催されている「近代日本のルーツ 横須賀製鉄所パネル展」を見学するためであった。今年は、横須賀製鉄所創設150周年にあたることもあり、こうした催しが今後も開催されることが予想される。

横須賀には2008年から2009年にかけておよそ1年間、様々な遺構を見学するために訪れた。2009年2月に開催された日本建築家協会、関東甲信越支部の保存問題大会の実行委員長となり、横須賀を会場として、2日間にわたるシンポジウムを企画しなければならないことになったためである。

そのときに、横須賀には表に現れてこない多くの遺構が眠っていることを知り、横須賀に魅了された。それは主に近代日本初期の遺構であり、その最も大きな遺構であったはずのものが横須賀製鉄所の遺構である。しかし、その大半は現在失われた。(もし、失われることがなかったならば、富岡製糸場のように世界遺産になったことだろう。)このパネル展はその当時の写真や資料を展示してあった。

今回の大きな収穫は、千代ヶ崎砲台(浦賀)の遺構について知り得たことである。この砲台跡は現在、防衛庁により監理されているが、今年、横須賀市にその監理が移譲されるとのことで、早ければ今年中にも公開されるということである。

千代ヶ崎砲台は、猿島に残る砲台跡地より時代が下って建設されたもののようで、日本におけるミリタリー・エンジニアによる建築技術の変容を知りうる貴重な遺構である。興味深いのは、この遺構がオランダ積みという煉瓦の積み方を行っているという点、また、斜架拱(しゃかきょう)と言われる煉瓦を斜めに積んでいくアーチをもつ工法(上写真、斜架拱の事例:馬場丁川橋梁、京都市左京区)による点である。

煉瓦も焼過煉瓦という露天にさらされても耐久性のある煉瓦を使用しているということである。ミリタリー・エンジニアは、いわゆる建築家と常に肩をならべて成立してきた職種の一つであり、あのレオナルド・ダ・ヴィンチもミリタリー・エンジニアの一人と言ってよく、建築を深く知る上において欠くことができない。今から公開が待たれる遺構である。
[PR]
by kurarc | 2015-02-28 20:31 | 横須賀-Yokosuka

新横須賀市史 別編文化遺産が発売中

日本建築学会の建築雑誌最新号にタイトルの書籍が発売、との記事が掲載されていた。2009年、JIA関東甲信越支部保存問題第18回神奈川大会のときにお世話になった横須賀市総務部総務課市史編さん担当の水野僚子さんも執筆者のひとりとなっている。総括は藤森照信さんによる。横須賀の文化遺産を知る上で必須の文献であろう。
横須賀の「封印されてきた」遺産が徐々に明らかにされつつあることは、喜ばしいことである。未だに生々しい近代化遺産を残す横須賀の都市が、こうした書籍を契機に遺産の保存活用に目を向けてくれればと思う。

*書籍はB5判、1079ページ、税込み4,000円。発売は昨年の7月30日。
[PR]
by kurarc | 2010-03-09 20:13 | 横須賀-Yokosuka

JIA保存問題神奈川大会のお知らせ

JIA関東甲信越支部保存問題委員会とJIA神奈川地域会主催による第18回保存問題神奈川大会ほチラシが完成した。建築家だけでなく一般市民の方々など、どなたでも参加いただける大会である。
通常では見学することができない横須賀の幕末以来の近代建築、近代化遺産のエクスカーション(小旅行)から、浦賀ドックの保存活用をテーマとしたシンポジウムなど多くのイベントが開かれる。横浜は今年開港150周年を迎えるが、それと同じ厚みの歴史を横須賀も刻んでいる。そうした横須賀の地層の断面を垣間見る大会である。
興味のある方は是非参加いただきたい。

お問合せ JIA関東甲信越支部 tel 03-3408-8291(担当:菊地)
b0074416_22154077.jpg

[PR]
by kurarc | 2009-01-22 22:15 | 横須賀-Yokosuka

安川千秋 写真展 『THE 倉庫』へ

b0074416_2343634.jpg

藤沢のギャラリーCNで行われている安川千秋さんの写真展『THE 倉庫』へ。横須賀に1年前から通い始め、様々な倉庫を見学し、その魅力にとりつかれていたところであったので、楽しみであった。幸運にも安川さんご本人にもお会いでき、倉庫の魅力などについてお話を伺うことができた。安川さんが昨年出版された写真集『倉庫 横浜 横須賀』の中で建築家の内藤廣さんは、「倉庫は建築と廃墟のあいだにある」ということを言っている。建築とも言えず、人が住むものでもない倉庫はいわば建築と建造物との境界上のオブジェクトとして存在している。そうした倉庫は横浜や横須賀に数多く存在していたのだが、特に横浜では近年、その多くが解体され姿を消していった。横浜を昔から知る方々は、横浜らしさが失われていったことを感じていたらしい。安川さんは20年も前からこういったオブジェクトに興味を持ち、失われていく倉庫の姿を記録していった訳である。
個人的に、私の実家が町工場であったこともあり、倉庫のような空間はどこかなつかしく、魅力的だ。幸い横須賀にはまだ比較的多くの倉庫群が残っている。私もゆっくりと時間をかけてその魅力を堪能する時間をもちたいと思っている。
[PR]
by kurarc | 2009-01-12 23:15 | 横須賀-Yokosuka

横須賀米軍基地視察 思いがけない近代化遺産 奉安殿

22日、JIA神奈川地域会のメンバーと共に、横須賀米軍基地内の近代化遺産視察を行なった。基地内の旧鎮守府庁舎、会議所、1号から6号ドックなどの近代化遺産を見てまわったのだが、その中に思いがけないものを紹介された。
それは奉安殿(下の写真)と呼ばれるもので、戦前の小学校などに設置されていた祠で、教育勅語や天皇のご真影を奉ってあったものだという。私は戦後生まれの人間であるのでこうした祠を見たのは初めてのことであった。調べるとGHQにより取り払われたとあるのだから、米軍基地内に残すということも不思議なことではあるが、きっと、空になった奉安殿も宗教的な施設の名残があり、取り壊すことができないでいるのかもしれない。こうした遺産も貴重な近代化遺産のひとつと思われる。(基地内には2つの奉安殿が残っている。)
b0074416_21543895.jpg

[PR]
by kurarc | 2008-10-23 21:54 | 横須賀-Yokosuka

横須賀の多層性

横須賀でJIAの保存問題大会を行う関係で、横須賀に通い始めてかれこれ半年以上が過ぎた。15日に横須賀自然・人文博物館の学芸員K氏を訪ね、横須賀米軍基地内の近代建築や横浜寄りの船越、浦郷地区などの歴史についてお聞きしてきた。

船越、浦郷地区は昭和の初期、海軍航空技術廠が存在した頃は、今となっては想像もつかないほどのにぎわいを見せていたようだ。当時の文化であるカフェ、ミルクホールなどが点在していたらしい。その頃の名残は今でも感じられるという。京急田浦駅近くには「城(しろ)」というバーが残っているのだとか。戦前はカフェで戦後は旅館となり、その後現在のバーになった建物らしく、築80年以上経っていると予想されるとのこと。
こうした情報は意識的に都市を読み解くような作業をしない限り認識できない。横須賀は誰かに読まれることを待っているひとつの書物のような都市であり、迷宮である。
[PR]
by kurarc | 2008-10-17 01:06 | 横須賀-Yokosuka

浦賀ドックから横須賀上町へ

4月19日の横須賀視察のも一つの散策地域は、横須賀上町(うあまち)であった。ここからは横須賀建築探偵団代表の富澤喜美枝さんにもご同行いただき、横須賀市都市計画課の亀井氏と共に、横須賀都市部の街歩きを楽しんだ。
京急の県立大学駅前から歩き始めると、すぐに出し桁造りの商家や看板建築があらわれはじめた。さらに、至る所に横浜でブラフ積みと呼ばれる石垣や房州石による石塀、蔵が横須賀らしい起伏のある街路の中に数多く点在していた。横須賀中央駅周辺は、新しいビルばかりが立ち並ぶ近代的都市と思っていたのだが、注意深く裏路地を歩くと、予想外に多くのアノニマスな遺産に巡り会える街である。
*下の写真は、横須賀中央駅付近の房州石による蔵の壁面。石のテクスチァーが美しい。

b0074416_23494460.jpg
b0074416_23495379.jpg

[PR]
by kurarc | 2008-04-21 23:49 | 横須賀-Yokosuka

浦賀ドックの内部へ

4月19日、JIA神奈川のメンバーの方々と横須賀を視察。今回のメインは浦賀、および浦賀ドックの内部を見学することであった。横須賀市都市計画課の亀井氏の解説のもと、浦賀ドック内部へ降りていく。ドックの大きさはおよそ外形で巾30メートル、長さ200メートル。階段の作り方のせいもあるが、インド建築を想起させる。
浦賀ドックが貴重なのは、このドックが使用可能であり、浦賀港という海に面して存在していることである。こうした産業遺産が現役のまま、機能を転換して使い続けられるとしたら、ヨーロッパの都市の保存事例と肩を並べることができるものになるに違いない。併設して存在する鉄骨造、鉄筋コンクリート造の機関工場も、ヨーロッパの大聖堂を思わせるスケールであり、リベット接合された鉄骨は保存状態もよく、様々な機能に転換できる可能性をもつシェルターである。
この二つの領域を核としながら、浦賀の都市のリコンストラクション(再構築)が求められていると言える。

*猿島へは強風でいくことができなかったのだが、浦賀の港は風は感じられたが、強風とまではいかず、浦賀の渡船も航行していた。この経験によって船の港として機能していた浦賀の地形的特色、「浦」という地名が持つ意味がよく理解できた。

b0074416_1120577.jpg
b0074416_11212748.jpg

[PR]
by kurarc | 2008-04-20 11:21 | 横須賀-Yokosuka

浦賀の渡船

今日は昼から、週末に行われるJIA神奈川のメンバーによる横須賀視察コースの下見のため、浦賀へ行き、渡船に初めて乗船してきた。西浦賀側から乗り込み、東浦賀へ渡り、東浦賀周辺をざっと見学し、再び西浦賀へ戻った。今日は天気もよく、なんとものんびりした浦賀湾を楽しむことができた。
ちなみにこの渡船は、280年以上の歴史があるもので、全国でも珍しく横須賀市道(2073号線)という海道として位置づけられている。乗船時間は片道3分程度。浦賀湾から房総半島の景観が意外と間近に感じられる。湾沿いにマンションの建設が進んでおり、このまま放っておくと今後、景観の悪化が懸念される。

*横須賀建築探偵団というグループが、『建物で読む横須賀』という小冊子を発行した。横須賀の身近な建物について知るための良きガイドとなる良書である。価格は税込み1,050円。横須賀の平坂書房や横浜の有隣堂で購入できる。

*上記の小冊子を買うときに、『古代の朱』(松田壽男(まつだひさお)著、ちくま学芸文庫)をたまたま見つける。赤い世界に興味があるため、早速購入。日本における金属文化(硫化水銀)における朱の世界をつづった民俗学といった書物。興味深い書物のようだ。
b0074416_20482663.jpg
b0074416_20483555.jpg

[PR]
by kurarc | 2008-04-15 20:48 | 横須賀-Yokosuka

浦賀ドック見学

4月19日にJIA神奈川地域会で横須賀視察が決定したため、大急ぎで準備が必要となった。今日は春一番の吹き荒れる中、浦賀ドックを見学に行く。浦賀には浦賀ドックと川間ドックの2つのレンガ造のドックがある。浦賀駅周辺の佇まいは決して美しいとは言えないが、なにか潜在している歴史の気配が感じられる街という印象をもった。浦賀駅から歩いて5、6分のところに浦賀ドックがあるが、中には入れず、塀越しの見学となった。まず浦賀ドックの巨大なスケールには圧倒された。神奈川に残るオーセンティックな遺構、近代化遺産として最も迫力のあるものの一つといってよいだろう。
2003年に住友重機械工業が閉鎖されたため、この跡地の利用が様々に検討されているようだが、どうも突破口が未だに開けないようだ。横須賀市による「浦賀港周辺地区再整備計画」ではこの場所がミュージアム・パークとして整備される方向性が示されている。
横浜でのドックの活用のようにここ浦賀でもなんとか保存活用の道を探ってもらいたいと思う。ちなみにドックは漢字で船渠(せんきょ)と書くことを初めて知った。
b0074416_0182076.jpg

[PR]
by kurarc | 2008-02-24 00:18 | 横須賀-Yokosuka


検索
最新の記事
カテゴリ
Notes
HP here

e-mail here

■興味のあるカテゴリを見た後に、また最初のページに戻るには、カテゴリの「全体」をクリックしてください。

■カテゴリarchives1984-1985では、1984年から1985年にかけて行った11ヶ月の旅(グランドツアー)について紹介しています。
画像は30年前のスライドをデジタル化しているため、かなり劣化しています。

■カテゴリfragmentでは、思考のヒント、覚書き、論理になる前のイメージ等、言葉を羅列する方法で書いています。

ライフログ
画像一覧
以前の記事