Archiscape


Archiscape
by S.K.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:東京-Tokyo( 6 )

虎ノ門ヒルズ

b0074416_13221184.jpg
都心には超高層ビルが相次いで建設されている。わたしは特に興味を持ってはいないが、超高層ビルを建設するのであれば、その周辺に広大な公園や緑地、空地を設けるべきであると思う。そのような緑地を配した超高層ビルの中に、虎ノ門ヒルズがある。

2階裏庭に当たる場所に、広大な芝生の緑地(上写真)が設けられていて、この広場に面してカフェやレストランなどが配置されている。都心では珍しいが、こうした配慮は当たり前のことだろう。新宿西口の超高層ビル街はこうした配慮に欠けて開発されてしまった。個々の超高層ビルが、こうした緑地を持ち、その各々が連続していくような都市計画があらかじめあれば、あの殺伐とした超高層ビル街はもう少しくつろげるスペースになったに違いない。

虎ノ門ヒルズ2階にある虎ノ門ヒルズカフェのランチはお薦めである。この立地からするとかなり安い(850円)。ご飯(大中小から選択、確か五穀米のような感じだった)、副菜2点、メイン1点が選択できる。わたしの地元吉祥寺であれば、多分、1200円〜1300円以上するようなランチであるが、なぜか都心スーパーの弁当代ほどで食べることができる。コーヒーは100円追加すればよいが、味の方はわたしの好みではなかった。



[PR]
by kurarc | 2017-09-14 13:23 | 東京-Tokyo

地域を掘り下げる旅

昨年つくった「たてもの・まちなみ・景観を考える市民の会」の活動もちょうど1年が過ぎた。身近な建築物や街、景観を見て歩くということからはじめたこの会での活動は、想像以上の収穫を得ることができたように思う。

それは、ひと言で言うと、「身近な世界のとらえなおし」である。身近にある建築物や景観を一つ一つ調べながらみていくと、思いもかけない歴史が浮かび上がってきたり、日常の中で退屈になってしまった風景が、全く新たらしく、奥行きのある世界として感覚できるようになる。

わたしの住む東京郊外(あるいは、武蔵野と昔呼ばれた地域)は、都心の世界と比べると退屈で歴史の感じられない地域と思われるかもしれない。しかし、それは全くその地域をそのように見ていたからに他ならないのであって、退屈と思われるような地域の中にも、実に豊かな歴史、風土が隠されていることがこの1年で明確になってきた。

たとえば、わたしの住む周辺の地域を「水」という主題で調べてみるだけで、上水、湧水、消えた上水、水車、水車小屋、水車大工、水神、古代の多摩川、扇状地の上に築かれた武蔵野、水でつながれた江戸との関係etc.・・・など様々な副題が出てきて、興味が尽きることがない。それは、江戸を中心からではなく、周辺からとらえる、という新たな視点も与えてくれる。

こうした視点は、元来、郷土史家を名乗る人々によってその知が蓄積されてきたと思われるが、わたしは、郷土史家といった言い方ではなく、もう少し建築的な言い方ができないかと現在模索している。地景史家といった言い方も一つあるかもしれないが、今一つである。

「武蔵野」の理解については、国木田以前と以後について考察することの重要性に気づかされた。「武蔵野」は消失したことは事実で、これも、何か別の言い方ができないのかと考えている最中である。

わたしの住む東京郊外という地域に限らず、東京の大きなとらえ直しがはじまっているのかもしれない。東京オリンピック前の激しい変化の中で、東京は様々な意味で、脱構築がなされ、新しい視点で東京を再定義する時代に入ったということなのかもしれない。

[PR]
by kurarc | 2016-11-26 00:47 | 東京-Tokyo

別荘地としての東京 あるいは、「武蔵野ヴィラ」について

b0074416_17181187.jpg

インフルエンザでは、発症の日から6日間の休養が義務づけられる。今日はその最終日である。明日から、また日常の生活にもどらなければならない。

時間があったこともあり、いろいろな本を読んだが、久しぶりに渡辺真弓先生の『ルネッサンスの黄昏 パラーディオ紀行』(丸善株式会社)をじっくりと読み返した。渡辺先生は、わたしの大学時代の西洋建築史の先生であった方(上写真:先生の最近の著書)。この書物を読み返したのは訳がある。最近、郷土の地景について調べているが、わたしの住む三鷹をはじめとするいわゆる武蔵野地区は、数多くのの別荘、別邸が存在したことに気づかされたからである。別荘と言うと、軽井沢や箱根といった土地がすぐに思い浮かぶが、東京(特に西部)もかつては別荘地帯であったのである。

以上のような理由から、アナロジーとしてイタリアのヴェネト地方を中心として数多くのヴィラ(別荘、荘園の館といった建築形式)を手掛けたパラーディオ(1508−80)という建築家が再び気がかりになってきた、と言う訳である。ベネツィアは、大航海時代という新しい時代の到来によって、航路が変更され(東地中海を経由する必要がなくなった)、特権的な力を持ち得なくなった。そうした背景から、貴族たちは、貿易だけではなく、内陸の農業経営、湿地の干拓、開墾に眼を向ける。そのときに、その拠点となる建築を建設する必要に迫られることになる。「ヴィラ」とは、そうした貴族たちの砦となった建築形式であり、その建築を数多く設計したのが、パラーディオであった。

東京(武蔵野地区)に存在していた別荘は、ベネツィアと事情は異なるが、その土地の選定を国分寺崖線付近に定めたものが多い。これらを、仮に「武蔵野ヴィラ」と呼んでおこう。これらは、傾斜地の眺望と傾斜地から湧き出る湧水を利用した庭園(池)と門、母屋、待合、離れなどからなる建築形式をもつものが多い。鎌倉に住んでいるときに湘南の別荘を実測したり、調べたりしたこともあったが、そのフィールドワークが東京へ還ってからも活かされることになった。「東京武蔵野の邸園文化」といってよい文化の発見である。

このような視点をもつことは、若いときにはできなかった。ありふれた日常をみつめる、ということは若いときには苦手である。こうした視点は、歳を重ねて気づくこと、認識できることのようである。
[PR]
by kurarc | 2016-03-14 14:47 | 東京-Tokyo

丸ノ内線 四ツ谷駅

銀座へ行くときには渋谷から銀座線に乗ることが習慣化していたせいか、四ツ谷駅で丸ノ内線に乗り換えて銀座にすぐに出られることを知ったときにはショックであった。

丸ノ内線の四ツ谷駅は、四谷の赤坂口の方に位置する。地下鉄駅だが、地上にあり、JRの四ツ谷駅と隣接しているため、乗り換えに階段を使うこともない。アクセスがことのほか良い。

丸ノ内線は、その名前からは想像もつかないローカルな地下鉄である。乗車数も以外と少なく、東京では穴場の地下鉄と言えるかもしれない。朝の通勤時間帯でも、四ツ谷駅では座れるほどである。

東京では様々な地下鉄があるが、この丸ノ内線四ツ谷駅は、それをうまく利用すると思いがけないメリットが生まれる好例である。
[PR]
by kurarc | 2015-06-17 22:22 | 東京-Tokyo

東京学事始め

様々な地域で、・・・学が提起されて久しい。東北学や関東学などその呼び名、地域は様々だが、わたしは当面、東京学を提起して、東京学をフィールドワークの一つにすることに。

このところ、このブログで取り上げた武蔵野や多摩に関する話題はその一つである。東京をより微細に眺め、研究すること。東京という大まかな言い方で排除される地域性を取り上げることがその大きな目的である。

「東京都」と言えば境界ははっきり限定されるが、「東京」とは実はどこにもない都市であり、見えない都市である。(東京都が東京ではない、ということ。また、東京は現在日本以外の影響を強く受ける都市でもあるが、その部分にまではふれないこととする)それらを具体的に読み解いて、見えない都市を見えるように認識することを目指す。わたしは建築が専門分野であるので、建築的なアプローチは重要となるが、武蔵野の記述のなかでふれたように、自然やある時代に栄えた事物、地形や道、川、または特定の技術など東京を読み解くための手がかりは数多い。

まずは、興味のある地域、事柄を手がかりとして、読み解いていくことになろう。そうした作業の中から、一つの中心軸のようなものが見つかるかもしれない。

私にとってまずキーワードとなるのは「武蔵野」や「多摩」である。その模索の中から、隣接する神奈川県(小田原北条氏)や山梨県(武田家)、埼玉県(帰化人の文化)との関わりなどにも手を伸ばすことになろう。
[PR]
by kurarc | 2014-07-17 23:57 | 東京-Tokyo

新しい東京論へ

新国立競技場のコンペティションのことで、ここ数ヶ月、建築界は騒がしかった。新しい競技場(都市に付加されるアイコン)のできる場所は叔父のマンションの近くであり、私にとって、子供の頃からなじんだ風景がどのように変質してしまうのか気がかりである。

さらに、2020年に東京オリンピックが決定したこともあり、今後7年間、東京は日本の中心としてまた新たに再編成されることは間違いない。(日本の中心東京という神話の再編成)この中で問われることは、東京はどのような都市になっていくべきなのか、ということだが、再開発による歴史的建築物の崩壊(あるいは保存活用)やインフラ整備による都市の急激な変化、古い街並みの変化などが予想される。つまり、「何が壊され」、「何が残され」、「何が新たに付加される」のかが問われることになる。


「見えない都市」としての東京の新たな都市認識、東京をとらえ直す都市論が今後数多く執筆されるに違いない。そのときに、今までの都市論の経緯(江戸から東京までのパースペクティブ)が総括され、どのような認識に変化していくのか興味深い。先日ブログで取り上げたヨーゼフ・ライクワートの都市論は、特に参照すべき基本文献の一つとなるべきだが、そこまで射程を広げた都市論に発展することはなく、表層の議論に終始すると思われる。

建築を踏まえた新しい「東京論」がここ数年間、世論をにぎわすことは間違いなさそうである。

この文章を契機に新たにカテゴリ「東京-Tokyo」を付け加えた。
[PR]
by kurarc | 2013-12-25 09:20 | 東京-Tokyo


検索
最新の記事
カテゴリ
Notes
HP here

e-mail here

■興味のあるカテゴリを見た後に、また最初のページに戻るには、カテゴリの「全体」をクリックしてください。

■カテゴリarchives1984-1985では、1984年から1985年にかけて行った11ヶ月の旅(グランドツアー)について紹介しています。
画像は30年前のスライドをデジタル化しているため、かなり劣化しています。

■カテゴリfragmentでは、思考のヒント、覚書き、論理になる前のイメージ等、言葉を羅列する方法で書いています。

ライフログ
画像一覧
以前の記事