Archiscape


Archiscape
by S.K.
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:asia( 1 )

今年はアジアを知る年に

先日、久しぶりに台湾映画をみて、アジア地域に対する興味が沸き立ってきた。わたしが初めて訪れた海外は台湾である。トランジットとしてであったが、台北に一泊して、その後、タイのバンコックへ向かった。

台北のホテルの一室で一夜を過ごしただけだが(11ヶ月後にまた台北に戻ってきた)、特に印象深い記憶は、ホテルからバスで空港に向かうときに、道端に一面夾竹桃の花が咲いていたことである。夾竹桃は、実家の隣の庭に植えてあり、いつも夏場になるとその花を楽しんでいたこともあるが、その後、ローマについたとき、ローマは夾竹桃で満開であった。ローマの花でもあった夾竹桃に再会して、出発点の台北を思い出すことになった。

アジアはもちろん嫌いな地域ではないが、以前いくつかの国を旅したときに少し抵抗を感じたことはある。アジアの中で経済大国になった日本人に対して、アジアの人々は対等につきあってくれないのである。気後れしているような感情をもっているのだろうか。そのことが、わたしをアジアから遠ざけたのだが、それはわたしの勝手な偏見でもあったと思う。

本当はアジアを知ることは日本を逆照射することになる、そのことが煩わしかったのである。映画『悲情城市』を久しぶりにみて、やはり、それではいけないと思うようになった。脳の中の風通しをよくするためにも、アジア世界への感性を今年は開いていく年にしたいと思う。もちろん、アジアだけでなく、ヨーロッパ、アフリカ、中南米世界にも。

*カテゴリに「asia」を追加した。
[PR]
by kurarc | 2015-02-02 22:05 | asia


検索
最新の記事
カテゴリ
Notes
HP here

e-mail here

■興味のあるカテゴリを見た後に、また最初のページに戻るには、カテゴリの「全体」をクリックしてください。

■カテゴリarchives1984-1985では、1984年から1985年にかけて行った11ヶ月の旅(グランドツアー)について紹介しています。
画像は30年前のスライドをデジタル化しているため、かなり劣化しています。

■カテゴリfragmentでは、思考のヒント、覚書き、論理になる前のイメージ等、言葉を羅列する方法で書いています。

ライフログ
画像一覧
以前の記事