Archiscape


Archiscape
by S.K.

<   2017年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

キェシロフスキ監督の映画『偶然』

b0074416_22100413.jpeg
今日は東京外国語大学のポーランド映画の講座に参加。取り上げられた映画は、キェシロフスキ監督の映画『偶然』(1981)である。この映画は何度か観ている。冒頭の回想シーンの意味がよくわからなかったが、その疑問が解け、その冒頭シーンが重要な役割を果たしていることも理解できた。

誰でもこういうことはないだろうか。乗ろうとしていた電車に乗り遅れた、あるいは、なんとか走って無理やり乗ることができたということが。しかし、もしその無理やり乗った電車が事故に合い、その当人が死亡してしまったらどう思うのだろう?バスや電車の死亡事故が起こるたびに、私はそのようなことをよく思う。その電車になぜ乗っていたのか?なぜ乗らなければならなかったのか?

キェシロフスキ監督の映画『偶然』は、1)ある医大生が列車になんとか間に合い、乗れたパターン、2)乗り遅れたパターン、3)乗り遅れ、警備員と衝突、暴力をふるい逮捕されてしまうパターンという3つのパターンに分けて、同一人物が全く異なる3つの運命をたどることを描いた映画である。これだけでも興味深い主題の映画なのだが、その背景に、ポーランドの現代史が見え隠れしている。

そして、この映画は、未来と過去への問いかけのある映画でもある。ある年齢になるとすべての人間に過去が大きな事実として意識される。その時、その過去にどのような意識をむけるのか、どの過去にどれだけ注視するのかによって未来は変わってしまう。この映画はそのことを問うている。以上が久山先生の講義から理解できたことである。いつもながら先生の深い洞察には感服する。映画は色々あるが、名作と言われる映画は、とてつもない歴史、哲学を何気なく表現しているのである。

[PR]
by kurarc | 2017-06-30 22:08 | cinema

Electioneering

b0074416_23444264.jpg
レディオヘッドの”OKコンピューター(20周年記念盤)”を相変わらず聴いている。ちょうど選挙運動が始まったが、このCDの中に"Electioneering"(選挙運動)という曲が入っている。選挙運動を皮肉った曲だ。政治が最も哀れに思える時期がこの選挙運動中である。「都民ファーストの会の・・・」と盛んに叫ぶ無能な(有能な)人たちが溢れ出している。

レディオヘッドのOKコンピューターの中の曲の英単語、フレーズは示唆に富む。過激な詩ばかりなのだが、彼らは、この過激な詩を我々に届けるために音楽(音)に細心の注意を払っている。そのことにある意味で騙される訳だが、表現とはそもそもそのようなものだろう。ダ・ヴィンチも過激すぎてクライアントを随分と失ってしまった。逆に、ミケランジェロは過激な教皇というクライアントから逃げまとった。

彼らの英語の詩を眺めていて、今回特に気になったのは、"Floor collapses"という英語。"Let Down"という曲の中に現れる。訳者の今井スミさんはこれを「崩壊する床」と訳しているが、今井さんの訳(OKコンピュータすべての詩の訳)には感心する。これを、単に「壊れた床」などと訳しては現代という時代に響かない。「崩壊する床」と聞くと、9.11を頭に思いを描いてしまうが、この曲が書かれたのは、9.11以前のこと。彼らの詩は予言に満ちている。繰り返すが、ここで彼らの音楽は、過激な手紙を綺麗に包み込む封筒なのである。(ショパンのたとえで有名な、「花束の中の大砲」大砲=詩、花束=音楽のようなCDということである。)


[PR]
by kurarc | 2017-06-29 23:42 | music

映画『海街diary』

b0074416_23203775.jpg
映画『海街diary』を何の予備知識もなく観た。映画監督の是枝裕和氏の映画を観るのは初めてのことである。舞台は鎌倉であった。

結論から言うと、いい映画であった、と素直には言えないが、かといって悪くもないといったところである。鎌倉の古い家屋を舞台として、若い女姉妹4人の生き方と心の動きを描いている。

初めは鎌倉の新しい描き方が表現されるのでは、と期待させたが、ロケに極楽寺駅を使用するなど、使用される撮影場所は紋切り型のものとなっている。鎌倉をよく知るものにとっては、期待はずれで物足りなさが残った。

是枝監督の映画を初めて観たので、他のものと比較できないが、是枝監督の関心事の一つは「家族」なのかもしれない。小津監督の家族の描き方とはもちろん異なる現代の家族のあり方を描いているが、その中に、小津映画に通づるような舞台をあえて選定しながら現代を描こうとしたこと。この映画はそこが狙いなのかもしれない。

映画の中の古い家屋を観ていたら、鎌倉の母親の実家が思い出された。母の実家は庭の大きな立派な家屋であった。わたしは夏休みにその実家に行って祖父母に会うことを楽しみにしていた。庭には、ザクロ、ぶどう、サルスベリなど多くの木々があり、隣の家の庭とも庭続きであり、古きよき鎌倉の風情が感じられた。映画を観ていて、祖父母の面影が現れたが、そのことがこの映画によるわたしにとっての収穫かもしれない。

わたしと同世代の映画監督ということもあり、今後の是枝映画に期待したい。



[PR]
by kurarc | 2017-06-27 23:17 | cinema

小川三知のステンドグラス

b0074416_00012827.jpg
昨日の日曜、いつもは広尾から向かう都立中央図書館を、気分を変えて、麻布十番から坂を登り向かった。その坂を登りきったあたり、日本基督教団安藤記念教会に偶然に出会った。小さな教会堂で、外壁は大谷石、ファサードには蔦が絡まり、綺麗に年を重ねた教会堂であった。

帰ってから調べてみると、ステンドグラスは小川三知(おがわ さんち)が手がけているとある。小川のステンドグラスを初めて見たのは、10年ほど前、横須賀鎮守府長官官舎ではなかったかと思う。その後、著名な建築を見学にいき、何度か小川のステンドグラスに出会った。今回のように偶然出会うとは、想像もしていなかった。(これも偶然ではなく、必然だと思わなければならない。偶然などないのである。)

手元に、『日本のステンドグラス 小川三知の世界』があったので、早速調べてみた。教会堂は1917年築、今年で100周年を迎える建造物(都選定歴史的建造物)であった。設計者は、吉武長一で、日本基督教団鎌倉教会(1926)の設計者と同一人物。安藤記念教会の方が、建築としては優れている。

問い合わせてみると、見学可能ということなので、改めてでかけることにしようと思う。

[PR]
by kurarc | 2017-06-27 00:03 | design

心の中の破片を拾い集めること

b0074416_22243592.jpg
わたしのような歳になると、確実に死ぬまで時間より、生きてきた時間の方が圧倒的に長いため、過去の出来事、経験、記憶が頭の中に蘇ることが多くなった。

最初の海外旅行を終えた25歳くらいの時、フランス語を勉強しようと思った。ル・コルビュジェに興味を持ったからである。しかし、帰国後仕事やら、途中から入り直した大学院でドイツ語をやるようになり、すっかり忘れてしまった。大学院を出る頃には、ポーランド語を始める始末であった。それが今、30年の月日が経ち、フランス語を学ぶようになった。若い時の中途半端な経験は、破片のような断片として心の中に散らかっていて、それらをもう一度拾い集めて、もう少し綺麗なかたちにしておきたいと思うようになった。

多くの海外旅行を経験しながら、その膨大な経験を未だに大きく実らせていないことは腹立たしいが、あまりにも大きな経験をし過ぎてしまったのだから仕方がない。それらを少しずつでも目に見えるかたちにしたいのである。

昨日もプラハの建築に関する新書を古本屋で購入してきた。プラハに行ったのは、まだチェコスロバキアと言われていた頃のことであり、その暗い街の雰囲気が忘れられない。カレル橋を渡り、カフカの住んでいた旧市街を彷徨った。旅した時の魂のようなものは未だに生きていて、ふとわたしを目覚めさせる。『プラハを歩く』(岩波新書、田中充子著)といったタイトルが目に入ってくるや、30年以上前の記憶が蘇ってきたのである。きっとわたしは20代に旅した国や経験のことを死ぬまでこだわり続けていくのだと思う。


[PR]
by kurarc | 2017-06-23 22:19 | saudade-memoria

「郊外」というプロブレマティック

b0074416_21233394.jpg
少し前、エリック・サティという作曲家とパリの郊外(ここではアルクイユ)についての関係性を論じた本を紹介した。この本を読もうと思ったのは、サティという興味深い作曲家の本であると同時に、「郊外」というトポスを含めて論じていたからである。建築学や都市社会学のフィールドの中で、この「郊外」をテーマとした書籍が出版され始めたのは、もう30年ほど前にさかのぼる。

その後、世紀転換期を前後して、新たに「郊外」をテーマとした書籍があふれ出した。それは、「郊外」(ニュータウンや団地、新興住宅地など)での問題点が顕在化し、はっきり目に見えるようになってきたためだと思われる。郊外で起こる殺人事件なども郊外が持つ闇を照らし始めた。しかし、ここではネガティブな捉え方でなく、東京を考える上での中心のテーマとして位置づけ、今後どのような郊外を構想していくのか、その手がかりを掴みたいと思う。

地元の建築家たちと国分寺崖線上に築かれてきた分譲地(学園都市、田園都市を含む)としての郊外を歩いて1年以上が経過した。通常漠然と通り過ぎてしまう都市「見えない都市」を「見える都市」として意識する試みだが、この中から改めて東京の「郊外」のプロブレマティックを学習してみようと思うようになった。

もはや参考文献は山ほどある。まずは、山口廣先生編による『郊外住宅地の系譜 東京の田園ユートピア』(1987年、鹿島出版会)が良さそうである。江戸から東京へと都市が変化する中で、必然的に「郊外」が生まれたわけだが、その発生と今後の展望を早いうちに一気に掴んでしまおうというわけである。それは、大きくは江戸から東京へという都市の動態を掴むことでもある。今年度の都市研究のテーマの一つとなりそうである。

*「郊外」という言葉が新鮮さを失っているようにも思えるので、「郊外」という言い方とは異なる表現の仕方、言い方はないものだろうか?

*「郊外」をテーマとした書籍の著者は、自ら郊外育ち、郊外住まいという経験を持っている方々が多いのに気づいた。ちょうどわたしと同世代の方々である。「郊外」に関する書籍があふれ出した一つの原因は、世代論の現象(我々の世代が過去を振り返り、分析すること)にも影響していると言えそうである。

[PR]
by kurarc | 2017-06-21 21:20 | books

トランペット 基礎レッスン(第1回目)

東京フィルハーモニー管弦楽団で活躍されているトランペット奏者の方に、合計2回、トランペットのレッスンをしていただけることになった。

第1回目は、基礎的なトレーニングを行う。現在は、曲をマスターしていくことを中心に練習しているため、基礎トレーニングを行うことはおろそかになっていた。ちょうど基礎を確認する良い機会となった。

基礎トレーニングは以下の通り行われた。

1)ロングトーンの練習。単音を10秒から始め、30秒伸ばすトレーニング。順番に伸ばす時間を変化させ、最後に30秒間吹き続ける。息を多く吸うことと吐くという基礎的なトレーニング。ここで重要なのは、多く吐くことにより、逆に多く吸えることの確認、一定の量を吐き続けるという非日常的なトレーニングを行うということ。

2)メトロノーム(60)に合わせて、基本的な音階をメトロノームに合わせて上昇、下降していくトレーニング。まずは、先生の音を聴き、それを繰り返す。この場合、運指を見るのではなく、音を聴くことに集中する。聴いた音を自分で再現することが重要となる。

1日目のレッスンは、この二つのみ。2)が意外と難しい。正確にメトロノームに合わせて音を出すことに慣れていないためである。こうしたトレーニングを一日の練習のはじめに行うと良いとのこと。

*トランペットの手入れについてもご指導いただく。まず、新しいトランペットは内部に研磨剤が残っていることが多いので、最初はこまめに洗い研磨剤をトランペットに残さないことが重要とのこと。また、バルブオイルは、演奏終了後にさす、とのこと。その際、余分なオイルを拭き取ってから、必要なオイルをさすようにしているとのこと。トランペットのマウスパイプは特に汚れるので、こまめに洗浄することが重要とのこと。

[PR]
by kurarc | 2017-06-18 16:58 | trumpet

『エリック・サティの郊外』を読む

b0074416_23181191.jpg
エリック・サティという作曲家を「郊外」をキーワードにして読み解いた本、『エリック・サティの郊外』(オルネラ・ヴォルタ著、昼間賢訳、早美出版社)を通読した。

サティは、20世紀へと時代が移ろうとするその少し前、モンマルトルの「押入れ」と言われたピアノも置くことのできない部屋から、パリの南の郊外、アルクイユの「4本煙突の家」(上は現在の4本煙突の家、グーグルマップより)と呼ばれた家へ移り、そこで死ぬ寸前まで過ごすことになる。アルクイユは、映画『アメリ』の中で登場する水道橋のふもとの街である。かつて、パリの国際大学都市にル・コルビュジェのスイス学生会館を見学に行ったが、アルクイユはこのすぐ南に位置する。

この本から様々なサティの生き様が垣間見られ、興味深かったが、サティのルーツの一つに母方がスコットランドの出身ということがあり、こうした郊外に住む習慣のあるイギリス人たちとの連関があるのでは?といった訳者の見解も興味深かったし、さらにサティがポルトガルの酒精強化ワインであるポルト酒を好んだというのも、元はイギリス人がこのワインをつくったようなこともあり、そうした目に見えないつながりがあるのかもしれない、とわたしも勝手な想像を楽しんだ。

サティはダダイストと紹介されたり、アナーキストと紹介されたりと様々な側面を指摘されるが、この本を読むと、むしろ誠実な紳士というただそれだけの人であったのではないかと感じる。サティはパリ郊外に住むことによって、パリという都市を相対化し、批判した視点に立って彼の音楽を築き上げたのだということがよく理解できた。

フランス語で、banlieusard(バンリュザール)、郊外人としてのサティをテーマとした本書は、一方、この原義に「追放されたもの」として意味があることを隠し持っているため、意識的に使用したのだと思われる。孤独のうちに死んだサティではあったが、こうした孤独の中で大きな創造行為を成し得たサティは、satisfaction(サティスファクスィヨン、サティ+スファクスィヨン、満足、サティ的行為)できた生を営めたのだろうか?少なくとも、サティの曲を享受しているわたしたちにとって、サティの孤独とは無益なものでは決してなかったと言えるということである。

[PR]
by kurarc | 2017-06-17 23:20 | books

日常の中のデザイン18 関数電卓

b0074416_10474541.jpg
職業柄、関数電卓を良く使う。所有している関数電卓が老朽化したことと、使いづらかったので、ヨドバシカメラで新しいものを購入することに。

関数電卓の問題は、いろいろな機能が付属しているため(ボタンが多いため)、肝心の数字を打ち込む部分が小さく、数字を入力しづらいということである。かといって、大型のものもないので選択肢が限られる。

色々比較した上で、シャープのEL-509TWX(ホワイト)を購入した。2000円を切った値段で、建築で使用する機能が十分含まれている。画面が大きく、演算式(計算式)が表示されるのも良い。さらに、数字を入力するボタン表面が微妙に湾曲していて押しやすく、ボタンの大きさも他のものと比較して大きい。

関数電卓の種類は年々減少してきている。ごく限られた職種の人しか使わないからだと思うが、携帯にも付属しているためかもしれない。しかし、携帯でのパネル入力では使いづらい。ボタン式はずっと残ることになるだろう。



[PR]
by kurarc | 2017-06-16 10:50 | design

トランペットマウスピース 金メッキ加工完成

b0074416_16341203.jpg
トランペットのマウスピースの金メッキ加工が完成(上写真)し、郵送されてきた。金メッキは完璧で、非常に美しい。

感触も表現することは難しいが、銀メッキのものより、優しく、唇によく馴染む感じである。もちろん、吹いた感じも心地よい。

今回、メッキを注文したのは埼玉の日本電鍍工業株式会社である。対応も親身で、個人での注文にも迅速に対応してくれた。結局、金メッキは郵送料込みでおよそ5000円であった。

*下が全体、トランペットは、YAMAHA YTR-8310Z。
b0074416_08460097.jpg

[PR]
by kurarc | 2017-06-15 16:34 | trumpet


検索
最新の記事
カテゴリ
Notes
HP here

e-mail here

■興味のあるカテゴリを見た後に、また最初のページに戻るには、カテゴリの「全体」をクリックしてください。

■カテゴリarchives1984-1985では、1984年から1985年にかけて行った11ヶ月の旅(グランドツアー)について紹介しています。
画像は30年前のスライドをデジタル化しているため、かなり劣化しています。

■カテゴリfragmentでは、思考のヒント、覚書き、論理になる前のイメージ等、言葉を羅列する方法で書いています。

ライフログ
画像一覧
以前の記事