グランドツアー17/ミュンヘン 1984/08/13-08/15

グランドツアー17/ミュンヘン 1984/08/13-08/15_b0074416_20244355.jpg

グランドツアーは久しぶりの投稿になる。11ヶ月に及ぶ旅のまだ2ヶ月分までしか紹介できていない。スキャナーが故障し、ずっと更新がおろそかになっていた。スキャナーを新しくしたので、今後はマイペースでこのカテゴリーを続けていきたい。

今回は、ミュンヘンである。ウィーンからミュンヘンに入った。

これからドイツの旅が続くことになる。ドイツの全体的な印象はとにかく都市が美しく、清潔であったことが印象に残っている。一方、ラテン諸国で旅をして感じられるような人間臭さは失われ(窓の外に洗濯物を干しているような景観はなくなる)、料理が単調になったことなど、ゲルマン民族の特徴を嫌というほど味わうことになった。地続きのヨーロッパでもこれほど異なるのかと驚くことになる。

ミュンヘンの街中の印象はあまり記憶にないが、ここではミュンヘン・オリンピック時に建設された選手村やオリンピック・スタジアムを見学に行った。その中で、後にも先にも体験できないような建築、フライ・オットーによるオリンピック・スタジアム(オリンピアシュタディオン、上下写真)は、真に圧巻と言える建築であった。最近竣工した東京の新国立競技場は、フライ・オットーの建築と比較すると、残念ながら子供と大人ほどの差があるように思う。

ダーシ・トムソンのような生物学者(数学者、博物学者でもあった)の業績や、生物学の研究から始まったオットーの建築は、日本の数寄屋建築のような感性から最も遠いところに存在する建築のように思う。わたしは彼のような建築家に憧れるものの一人である。そういった意味で、わたしは日本の建築に興味がないと言っているのだが、彼の建築は自然の研究から導き出された「自然な構造体」と言えるものなのである。オットー他の共著による『自然な構造体』の中で、オットーは、「・・・自然と闘うのではなく・・・自然に親しい技術・・・」を眼差すことを書いている。

しかし、オットーの言う技術が本当に自然に親しいものになるのか、その回答はここでは控えておきたい。もしかしたら、数寄屋建築の方が自然に親しいものと言えるかもしれないからである。ただ、わたしは、日本人の感性から最も遠い位置にいる建築家に敬意を払いたいし、彼の仕事を現在、改めて学習したいと思っている。

グランドツアー17/ミュンヘン 1984/08/13-08/15_b0074416_20245433.jpg


# by kurarc | 2020-01-20 20:27 | archives1984-1985

フェリーニ 『アマルコルド』

フェリーニ 『アマルコルド』_b0074416_22105208.jpg

初めてイタリアのリミニを訪れたのは1984年10月26日である。これ以後、一度も訪れたことはないが、この都市はフェリーニの故郷であるという。その時、そんなことは少しも知らなかったが、建築に興味のある人間は、テムピオ・マラテスティアーノという建築物を見にこの都市に行く。ルネサンス期にこの建築物の改修に携わった建築家がアルベルティだからである。

中世の構造体の周囲を囲むようにルネッサンス建築をデザインしたこの建築物は、興味深いことに、中世の開口部の位置をある意味でまったく無視するようにルネサンスの構造体で被覆するようデザインされている。それは、中世期の窓とルネサンス期のアーチのズレとして表現されているが、現在から見ると、非常にモダンな改修方法に思える。もし、中世の窓の配置に対して、過剰な気の使い方をしていたならば、ルネサンス期の意匠は中世の意匠と同化し、新たに付加したという意図が不明瞭になっていたと思う。

それはさておき、フェリーニの『アマルコルド』(”アマルコルド”は、ロマーニャ地方の方言で、「わたしは思い出す」という意)は、フェリーニの幼少体験、あるいは幼少期の記憶の断片を四季の季節の中に織り込んだような映画で、そうした断片の積み重ねとアルベルティの手法とがわたしには重なって見えてきたのである。

この映画の中には、幼少期に体験した二人の年上の女性との失恋(別れ)も描かれており、少年が大人へと成長していく人生の中の断片を切り取ったような映画である。『フェリーニのローマ』に続く映画であり、1970年代の傑作の一つといえる映画だろう。四季という時間の経過はあるが、その流れは曖昧で、様々なエピソードの積み重ねとして描かれている。それぞれのエピソード一つ一つが強烈であるために、むしろ時間感覚が後退してしまうのだろう。映画のラストになって、わたしは初めて四季が描かれていたのだと気づかされた。

この映画は物語でありながら、その物語性が希薄なのは、フェリーニとシナリオを協力しているトニーノ・グエッラの意図、構成力によるものだろう。



# by kurarc | 2020-01-19 22:09 | cinema(映画)

阪神・淡路大震災25年

阪神・淡路大震災から25年が経過した。今から思えば、オウム事件からこの大震災が21世紀の始まりだったのだと思う。

わたしは25年前、この大震災の日、ある著名な建築家の事務所で仕事を手伝っていた。ちょうど、某大学の助手に就任することが決まっていて、それまでの空き時間、アルバイトをしていた。ラジオでまずこのニュースを知った。

アルバイト先から帰宅し、テレビで映される映像を眺めながら、以前、旅行で行った神戸で、たまたま入った床屋のビルが倒壊していることを知った。昨年になるが、ある建築家が被災した経験を話すのを聞いたが、その建築家の方は、ありふれた商店街が倒壊し、その後まったく無味乾燥な商店街へと変貌していったことの寂しさを語っていた。立派な建築でないもの、何気ない風景が重要であることを身にしみて感じたと言う。

阪神・淡路大震災以後、災害は連続して発生し、3.11を迎え、その後も水害など終わりの見えない状況が続いている。今後、地震だけでなく、巨大噴火も懸念されている。わたしはこの巨大噴火(破局噴火)が最も重大な災害と思っているが、それもいつ起こるのかわからない。それは日本だけでない。このブログでも以前に書いたが、リスボンは200年から250年の周期で巨大地震に見舞われている。1755年に大震災を経験したので、いつ巨大地震に見舞われても不思議ではない都市なのである。

大江健三郎は、避けることのできない災いや苦しみを「人生の親戚」と呼んだ。大災害も人にとって「人生の親戚」のようなものだろう。できるのはその大災害をなるべく小さなものにする工夫と知恵をはたらかせることしかない。



# by kurarc | 2020-01-17 17:44

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(04) ハイベースNEO設置

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(04)   ハイベースNEO設置_b0074416_19350050.jpg


今日は、鉄骨柱のガイドとなるハイベースNEOという商品の設置に立ち会った。

こうした商品は、わたしが社会に出た1980年代からあったので、かなり実績のある商品となる。鉄骨柱のアンカーボルトを取り付けやすくするために、当初の製品より調整しやすいように改良が加えられている。

この製品の下に、基礎や基礎梁の鉄筋が組まれ、コンクリートを打設し、その後、鉄骨を建て、ベースプレートの下に無収縮モルタルを詰める作業がある。かなり、専門的な用語でわかりづらいかもしれないが、要は鉄骨柱を立てるとき、アンカーボルトを固定するための定規のようなものである。

以後、基礎配筋から基礎梁配筋という鉄筋工事に進んでいく。

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(04)   ハイベースNEO設置_b0074416_19350928.jpg



# by kurarc | 2020-01-14 19:35 | りぶうぇる練馬ディサービスセンター

「モナ・リザ」と「水」について

「モナ・リザ」と「水」について_b0074416_20093793.jpg


母校主催による「ダ・ヴィンチ没後500年 夢の実現展」を観に、代官山ヒルサイドファーラムへ。

この展覧会では何と言っても、『最後の晩餐』VR体験が興味深かった。『最後の晩餐』のキリストの立つ位置にVR上で立つことができるのである。前方に見える食堂の奥行きや、背後の部屋の奥行き、左右のタペストリー、奥の窓越しに見える山の風景などがVRとして体験できる。さらに、テーブルに置かれた皿やりんごなどをつかむような体験もできる。

それとは別に興味を持ったのは、「モナ・リザ」の解釈についてである。いまだに、誰がモデルであったのか、「モナ・リザ」は本当に微笑んでいるのか、など謎に満ちた絵画であるが、本展覧会では、「モナ・リザ」と水の関係について言及していた。

レオナルドは、「世界と人間は相似関係にあると考えており、水の循環がひきおこす侵食と堆積、洪水によって、世界も人間と同じように生まれて育ち、やがて死を迎えるものとみなしていた。こうして、地熱で熱せられた地下水が地上に出て、地球を形作って、ぐるりとまわって戻ってくる循環が、モナリザの心臓と重なるように通っている」(展覧会カタログより抜粋)表現としてモナ・リザを描いているというのである。

わたしはこうしたモナ・リザの解釈を初めて知った。モナ・リザの背後に描かれた水や山岳の風景は風景ではなく、ダ・ヴィンチの世界観、宇宙観の表現であるという解釈である。

また、モナ・リザのモデルについては、現在、ジョコンダ夫人であるという説が有力であるが、この絵画はクライアントとの契約が破綻し、ダ・ヴィンチがずっと離さず持ち歩くことになるが、その中で、その顔にダ・ヴィンチは手を加え、彼の母親の顔に近づけたのではないか、といった説も紹介されていた。その証拠に、モナ・リザはダ・ヴィンチの自画像に似ているということ、赤外線照射により明らかになったもとのデッサン段階では、現在のモナ・リザの顔と微妙に異なっているからである。

様々な謎はそう簡単には解けそうもないが、わたしは謎のままずっと存在し続けて、多くのテクストを提供する絵画であり続けてほしいと思っている。

# by kurarc | 2020-01-12 20:09 | art(藝術)

建築無料相談

弊社では、毎週土曜日、または日曜日に建築無料相談を受け付けています。
相談時間帯は、10:00~12:00、14:00~18:00の中で、お一人様1時間程度とさせていただいています。

*無料相談はお一人様1回までとさせていただきます。
その後、弊社で継続してご相談したいお客様につきましては、このHPのカテゴリ・仕事の進め方に準じて、ご相談させていただきます。

新築工事からリノベーション工事(改装、増築工事など)、店舗、テナント工事や空き家の活用法についてなど、様々な案件についてご相談を受け付けています。

ご希望の日時をメール、またはファックスにて下記のまで送付ください。改めてご連絡させていただきます。

Fax:0422−26−9542
Mail:kurarc@xd6.so-net.ne.jp

なお、ファックス、およびメールには、
平日のご連絡先(電話番号、またはメールアドレス)、お名前、ご相談内容の概要、ご希望の日時(2案〜3案)を記載の上、送付いただきますようお願いいたします。

# by kurarc | 2020-01-11 12:09 | 建築無料相談

1991年 修士論文梗概(和文+英文)


この修士論文は、30年前、東洋大学大学院工学研究科博士前期課程(建築学専攻)に在学していたときに書かれ、提出されたものである。

論文題目は、『ブルーノ・タウトの建築思想に関する研究 日本におけるタウトの受容と評価を中心として』である。幸運にもこの論文は、1991年、日本建築学会優秀修士論文賞を受賞した。論文全体は日本建築学会に保管されている。1991年、仙台における日本建築学会大会において、その概略について発表したが、その後、特に発表する機会もなく、30年が過ぎてしまった。今回、論文梗概の和文と英文をブログで公表することにした。なお、論文の中に指示されている図版は省略されていることをご了承いただきたい。

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_01074852.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_01080484.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_01081512.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_01082423.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_01083301.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_01084808.jpg


1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_09371273.jpg


1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_09375414.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_09380719.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_09382143.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_09383514.jpg

1991年 修士論文梗概(和文+英文)_b0074416_09384918.jpg


# by kurarc | 2020-01-11 01:14 | 修士論文梗概(和文+英文)

フェリーニ生誕100年

フェリーニ生誕100年_b0074416_22082885.jpg

今年はフェデリコ・フェリーニ監督生誕100年となる。イタリア文化会館で、フェリーニ映画の上映ほか、イタリア映画祭ではフェリーニ映画の特集が予定されているという。

このブログでもいくつかフェリーニの映画の魅力を伝えてきた。以前も書いたが、わたしのフェリーニ体験は沖縄在住時、1985年だったと思う。テレビで『道』を観たのが初めてだったように思う。その後、溝口健二監督の映画に出会って、昨年末、『西鶴一代女』について書いたが、フェリーニのジュリエッタ・マシーナ(フェリーニの奥様)と溝口の田中絹代が重なって見えるようになった。

ジュリエッタ・マシーナと田中絹代は共に1950年代に汚れ役に取り組んで、その演技力により多くの賞を獲得している。いつも言っているように、わたしはこの『道』(付け加えるなら、『カビリアの夜』も)と『西鶴一代女』の二つはわたしの映画評価の中でベスト10に入る映画である。

ネオ・リアリズモを継承する作家として期待されていたフェリーニは、この『道』でその路線を外れたことから、その手の批評家に厳しく批判されたらしい。また、わたしは溝口とフェリーニが何らかの影響関係にあるのではと思っているが、『道』で道化師を演じたジェルソミーナ(ジュリエッタ・マシーナ)の扮装は、アメリカのコミック「ハッピー・フリーガン」からインスピレーションを得たものだという。(STUDIO VOICE 9 『特集 フェリーニ主義』より)

フェリーニの映画をすべて観ているわけではないので、今年は未見の作品を中心に楽しみたいと思っている。

*『カビリアの夜』の「カビリア」は、ジョバンニ・パストローネのサイレント史劇『カビリア』に由来するという。そのヒロインの名前は、ガブリエーレ・ダンヌンツィオが命名したもの。



# by kurarc | 2020-01-10 22:08 | cinema(映画)

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(03) 墨出し

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(03)   墨出し_b0074416_19081415.jpg


りぶうぇる練馬ディサービスセンター(03)   墨出し_b0074416_19082792.jpg



このところ、連日、現場に通っています。

今日は、墨出しの確認です。捨てコンクリートに墨付けされた寸法や捨てコンクリートのレベルなどを確認してきました。今のところ、まったく問題なし。

現場は順調に進んでいます。週明けに、ハイベースNEOという、鉄骨柱のアンカーボルトをセットするための金物を柱ごとに設置していきます。その後、基礎、地中梁の配筋へと進んでいきます。

# by kurarc | 2020-01-10 19:09 | りぶうぇる練馬ディサービスセンター

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(02) 捨てコンクリート打設

りぶうぇる練馬ディサービスセンター(02)  捨てコンクリート打設_b0074416_19265227.jpg

今日は朝9時から、捨てコンクリートの打設でした。天気に恵まれ、理想的なコンクリート打設日和でした。

捨てコンクリートはいわば、敷地に大きな黒板を作るようなもの。この上に墨付けを行い、建築の通り芯や基礎の大きさなどを描いていくためのベースとなるものです。明日からこのコンクリートの上に墨付けを行います。

# by kurarc | 2020-01-09 19:27 | りぶうぇる練馬ディサービスセンター