泉鏡花と金沢


まずは『照葉狂言』(てりはきょうげん)と金沢、小説の舞台となった下新町(泉鏡花の生家があった街筋)の空間を理解する。

「照葉狂言」とは、嘉永(1848-1854年)の頃、大坂から始まり、安政年間(1855-1860年)に江戸におよび、明治後期に消滅した芸能。能狂言に歌舞伎や俄(にわか)の趣向を織り込む。演者はおおむね若い女性。男性が囃子方に回るところは近世初頭の女猿楽や女房狂言に通ずる。

『照葉狂言』は、「味噌蔵町焼け(みそぐらちょうやけ)」と呼ばれる明治25年の大火で下新町も被害に合い、その喪失感からこの小説が生まれる。

お雪との思い出、「一本の青楓」(ひともとのあおかえで)とその焼失(楓は実際に存在した。小説では洪水により破壊)。実際の火災(火)による焼失を、洪水(水)による破壊にイメージ変換し、小説に表現。

貢(みつぎ)を巡るふたりの女性、お雪(定住民)と小親(漂白する芸能民)との対比とその両者を横断する貢の視線、そこからの決別。

廃藩置県後、徳川瓦解後の地方都市金沢と小説のテーマとの連関。ふたりの女たちはいつの間にか異貌と化すその悲しみ。病を患った芸人の小六(ころく)は手品師に買われ、磔になる見世物によって生き延びる。(『泉鏡花集成3』種村季弘解説より)

澁澤龍彦『思考の紋章学』、「ランプの廻転」より。カフカと泉鏡花との対比あり。鏡花(水のイメージ)、カフカ(石、甲殻のイメージ)。両者の共通イメージは迷宮体験。澁澤龍彦が初めて読んだ鏡花の小説が『照葉狂言』であった。

泉鏡花とその周縁の作家たちへの興味。稲垣足穂、澁澤龍彦、種村季弘、山尾悠子、さらに遡って、柳田國男、平田篤胤ほか。


以上、『幻景の街 文学の都市を歩く』(前田愛著)を参照。


泉鏡花の文学は、読解(言葉遣い)が難解。現在、代表作品に現代語訳があるので、それらを併用すると理解が深まる。

下写真:泉鏡花生家跡地にある泉鏡花記念館と記念館近く主計町(かずえまち)の街並み
 (2020年8月9日、金沢訪問時に撮影)


泉鏡花と金沢_b0074416_09044819.jpg


泉鏡花と金沢_b0074416_15225518.jpg




# by kurarc | 2022-09-27 22:38 | fragment(断章・断片)

三鷹国際交流フェスティバル(第31回)


三鷹国際交流フェスティバル(第31回)_b0074416_16391028.jpeg


本日、第31回三鷹国際交流フェスティバルが井の頭公園西園で開催されたので、遊びに出かけた。

飲食、食品販売、物品販売、ステージ、コミュニティゾーン、キッズゾーンといった様々なエリアで構成されたフェスティバルで、以前、この近くに事務所を構えていたこともあり、度々顔を出していた。コロナで中断されていたが、3年ぶりの開催になったという。

試みとして世界との交流を目指すことを主旨としているのはよいが、いつも感じるのは、ほとんど日本人を中心としたお祭りのようになってしまっていることである。コミュニティゾーンの中に、世界各国の文化の紹介ができるようなブースが欲しいが、三鷹市の団体関連のブースで占拠されてしまっているのが現実である。

さらに今回まずいと思ったことは、ウクライナをテーマとしたブースがなかったことである。多分、交渉はしたのだろうが、参加できる人が集まらなかったのだろう。この時期にウクライナがこうした世界交流の場にいないのは、本来ならあり得ないことだろう。

また、いつも感じるのは、開催時間が10時から15時30分までと短いことである。できれば日が暮れる18時くらい(あるいは20時くらいまで)までは最低行うべきだと思うが、こちらも後片付けなど様々な制約があるのかもしれない。開催主旨は立派なものなので、今後、もう少し長時間の催しになることを期待したい。

上写真は、東京外国語大学ブラジル研究会のサンバの演奏の模様。

# by kurarc | 2022-09-25 16:41 | 三鷹-Mitaka

チャールズ・イームズ 家具の原図をみる


チャールズ・イームズ 家具の原図をみる_b0074416_13515666.jpg



銀座松屋のデザインギャラリー1953にて、「イームズの正体 Power of Detail」と題された企画展が催されている。わたしは、昨日見学してきた。イームズの原図が公開されるのは日本で初めてのことで、大変貴重な公開であり、家具に興味のあるものは必見の企画展である。

この企画展で公開される図面は、イームズの研究者である寺原芳彦氏に図面が託され、保管されていたもので、ハーマンミラー社から許可がおり、今回公開の運びとなったという。合わせて、『イームズの正体 Power of Detail』という書籍が発売されたので、こちらでその経緯や研究の結果などを詳しく知ることができる。

この企画展を見て、一つ自分自身の家具に対する視点の欠如を感じたのは、金属技術の勉強不足についてであった。今まで考えてきた家具は木でつくることを前提にしたものばかりで、アルミなどの金属素材を大胆に使用する家具をつくることを真剣に考えてみることはなかった。ポール・ケアホルム(ケアハン)のような金属を巧みに使用するデザイナーは最も興味あるデザイナーの一人なのだが、そのことを突き詰めて考えていなかったことに気づかされた。

そのことに気づいただけでも、この企画展を見る価値は十分にあった。11月7日まで公開されているので、再度見学に行きたいと思っている。

上データ:会場で配布されていたイームズラウンジチェアの全体コンポーネント分解図(1956)。

# by kurarc | 2022-09-24 13:51 | design(デザイン)

下北沢駅周辺の変貌

下北沢駅周辺の変貌_b0074416_14000905.jpeg


少し前に渋谷周辺の激変ぶりについて取り上げたが、下北沢の変貌についても書いておきたい。

下北沢は、わたしが1986年からおよそ3年間、勤めていた建築事務所があった街であり、わたしにとって親しみのある街である。この事務所は、下北沢内で2回引越しをしたが、今日、たまたま仕事で下北沢を訪ねたが、最初に事務所があった近辺(上写真、事務所はボールト屋根のあるビル)を通り過ぎた。当時、ここは小田急線に隣接しており、小田急線が通過すると、電車の音で電話が通話できなくなるような事務所であった。しかし、小田急線が地下化されたこともあり、その小田急線が走っていた場所は、遊歩道に変化し、まったく様変わりしていた。事務所の上階にオーナーが暮らしていたから、オーナーの方は、さぞこの変貌に驚いていることだろう。

下北沢駅前はまだ開発途上だが、渋谷の大袈裟な変貌ぶりと比較すると、その変化の仕方は従来の下北沢の都市スケールに対応した変化であり、興味深い。渋谷では駅周辺を高層化することが開発の中心であるが、下北沢では駅を中心として四方に向かって、小規模なエリアごと低層の商業施設がモザイク状に連結されていくような変化なのである。そもそも下北沢で高層化への変貌は無理だが、そのことが結果として、歩くことを中心に据えた街づくりとなり、ヒューマンスケールの開発になっている。

すべてがうまく進行しているようには思えないが、多様なモザイク状の街がどのように展開していくのか、今後も注視していきたい。

下写真:下北沢駅方面から新たにつくられた遊歩道を望む。


下北沢駅周辺の変貌_b0074416_14002204.jpeg



# by kurarc | 2022-09-22 14:03 | 江戸・東京-Edo・Tokyo

恩師からのメール


恩師からのメール_b0074416_23072296.jpg


英文学を専門とする恩師からたまにメールをいただく。近況報告を兼ねてのメールでもあり、かつての研究論文のコピーをpdfで送付してくれる。今回は、ロレンス・ダレルに関する論文であった。恥ずかしながら、わたしはダレルの小説は読んだことがなく、ついて行けなかった。恩師が言うには、ロレンス・ダレルの『アレクサンドリア四重奏』は面白い小説なので是非読むようにとのことであった。全4巻、「ジュスティーヌ」、「バルタザール」、「マウントオリーブ」、「クレア」で、河出書房新社から高松雄一訳で読めるようである。最近読んだ長編小説は『百年の孤独』、『シルトの岸辺』くらいで、それでも1冊である。この『アレクサンドリア四重奏』は相当ハードルが高い。

恩師のメールには、今回は珍しくお勧めの映画が数多く記載されていた。その中で、早速、『アイヒマンを追え! ナチスが最も畏れた男』を観た。ナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンが逮捕されるまでのドイツ検事フリッツ・バウアーの執念と苦悩を描いた映画である。この映画で気づいたことだが、戦後のドイツには捜査機関の中に、ナチスの残党が巣食っていたということである。よって、ドイツ内では解決できないと判断したバウアーは、イスラエルの諜報機関と接触し、アイヒマンの逮捕にこぎつけることになる。

その他、映画だけでなく、イギリスBBCのドラマから韓国ドラマ(時代劇)まで幅広く紹介いただいた。韓国のドラマは観たことはないが、特にイ・ビョンフン演出のドラマは出来が良いようである。今年の秋の夜長には韓国ドラマを楽しむことにしようと思っている。

柄谷行人は修士論文をロレンス・ダレルの『アレクサンドリア四重奏』をテーマとして書いているようである。こちらも気になる。『柄谷行人初期論文集』で読めるようなので、『アレクサンドリア四重奏』読了後に読んでみたいと思う。

# by kurarc | 2022-09-18 23:06 | books(本(文庫・新書)・メディア)