『首里城への坂道 鎌倉芳太郎と近代沖縄の群像』(与那原恵著)を読む

『首里城への坂道 鎌倉芳太郎と近代沖縄の群像』(与那原恵著)を読む_b0074416_18592803.jpg


本を読むときには、どのような良書でも眠気を催すことがあるものだが、この著書は眠くなるどころか、読み進むうちに脳が覚醒される、そのような良書であった。文庫本でおよそ470ページの大著であったが、読むことがまったく苦になることはなかった。


広く沖縄学(特に琉球藝術工芸全般)の研究者として膨大な資料を残した鎌倉芳太郎の初の評伝、『首里城の坂道 鎌倉芳太郎と近代沖縄の群像』(与那原恵著)は、河合隼雄学芸賞と石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム賞を受賞した著書であるということもうなずけた。与那原さんの力強い筆力と詳細に調べ上げた沖縄近現代史の背景に描かれる鎌倉氏の生涯は感動的であり、鎌倉氏の評伝ではあるものの、沖縄の戦前、戦中、戦後史の一断面としても読める著書である。


鎌倉氏がまず大きな貢献をしたのは、戦前の首里城を破壊することから守りとおしたことであった。それは、建築家であり、建築史家であった伊東忠太を介して、その建造物としての意義を沖縄に示したことであった。また、戦前から戦後にかけて沖縄学の基礎を築いた人物たち、末吉麦門冬(ばくもんとう)や伊波普猷、真境名安興(まじなあんこう)らとの交流、さらに、初めて沖縄を訪れたときの下宿先、座間味家で鎌倉氏の”あやあ”(お母様の意)がわりのように接した座間味ルツとの出会い、そして、そこで覚えた首里言葉(沖縄方言)は、戦後、彼が再び訪れることになった沖縄において、沖縄人とのコミュニケーションに役にたつことになる。


その他、鎌倉氏が残した写真の意義、沖縄戦やアメリカの占領政策にふれながら、琉球の伝統工芸(特に紅型の型紙の保存)の研究、死ね寸前に出版にこぎつけた『沖縄文化の遺宝』までの鎌倉氏の情熱には心打たれるものがある。その物語を与那原さんは見事に描き切っている。読み終わったとき、5、6時間の長編映画を見終わったときのような感動に襲われた。


本書の内容は、以上のような短文では表現することは不可能であるが、琉球(沖縄)の建築、藝術、伝統工芸に興味のあるものにとって、本書は必読の文献であることだけは確かである。


# by kurarc | 2021-10-17 19:00 | 沖縄-Okinawa

アンネ・フランクのバラ

アンネ・フランクのバラ_b0074416_19400430.jpeg


事務所の近くの公園にアンネ・フランクのバラがあるということを知り、ちょうどバラの開花時期ということもあり、様子を見に行ってみた。このバラは、1980年、三鷹の高山小学校に寄贈され、そのバラを株分けして育てたものだという。

行ってみると、ちょうど開花していた。このバラは、もともとアンネの父、オットーが平和祈願のため、アンネの隠れ家の庭にあったものを世界中に広めたバラだという。アンネはバラ好きで、このバラを隠れ家から眺めていたらしい。

1984年、アムステルダムに行ったときに、アンネ・フランクの隠れ家(現在のアンネ・ハウス)となった住居を訪ねた。アムステルダムは建築を学ぶ者にとって重要な都市である。主にアムステルダム派といわれる建築家たちの仕事を見学したが、その他、リートフェルトやヘルツ・ベルハーの仕事なども見学した。アンネの隠れ家へはその合間をみて訪ねた。

この隠れ家を見学したのは、沖縄から出発する前に、わたしが勤務した建築事務所の所長である建築家、末吉栄三さんが沖縄タイムズという沖縄の新聞に建築に関するコラム記事を25回掲載しており、その中に、このアンネ・フランクについて取り上げていたからである。たとえばウィーンについては、カール・エーンという建築家の仕事、カール・マルクス・ホーフについて取り上げられていた。ウィーンに行ったおりには、この集合住宅を見学したが、当時のわたしの知識では、ウィーンでこの建築を見学するような教養は持ち合わせていなかった。

アンネの隠れ家は建築家が関わったような住居ではないが、アムステルダムに行ったおりには必ず見学すべき住居であると思う。世界中の各都市にはそれぞれ必ず訪ねるべき建築がいくつかあるが、それは、その時持ち合わせている知識や教養、興味と密に関わるということになる。末吉さんの記事は、わたしが見学すべき建築(場所)へのアドヴァイスとなったのである。

アンネ・フランクのバラは手入れが行き届いているとは思えなかったが、それでも美しく咲いていた。わたしにとって、アンネの記憶は、沖縄での記憶とつながっている。

アンネ・フランクのバラ_b0074416_19323614.jpeg

# by kurarc | 2021-10-16 19:32 | nature(自然)

2冊の沖縄・先島染織本

2冊の沖縄・先島染織本_b0074416_20154234.jpg


沖縄の伝統工芸の中で、特に興味があるのは染織である。未だちゃんと学習したことはないので、まずはこの2冊で学習のとっかかりとすることにした。


1冊は、『清ら布』で「ちゅらぬぬ」と発音する。「ぬぬ」といった発音は沖縄らしい。沖縄では母音の「え」や「お」が抜けることが多いのである。こちらは本土復帰30周年を記念して開催された展覧会時に出版された冊子(図版)である。沖縄を代表する思想家である新川明さんが「発刊によせて」という文章を寄せている。先島と本島の染織が美しい写真とともに掲載され、最後に、用語解説、作家紹介があり、初学者にも配慮されている。


もう一冊は、『琉球布紀行』(澤地久枝著)である。自称「布ぐるい」という澤地さんは、琉球大学の聴講生としておよそ2年、沖縄に暮らし、戦後史を学習するかたわら、染織の作り手との交流を重ね、その成果が本書に結実したようである。


わたしは、初めて沖縄に暮らしたおよそ37年前、設計事務所の先輩Tさんと首里久場川町の紅型作家、藤村玲子さんの工房を訪ねたことがある。そのとき、何を話したのかはっきりと覚えていないが、フクギからつくられる黄色い染料をみせていただいたことは今でもはっきりと覚えている。上にあげた2冊のなかにも藤村さんの作品が掲載されていた。その後、染織への興味からすっかり遠ざかってしまったが、澤地さんの著作の中に、藤村さんの生い立ちが綴られていたため、彼女の紅型を理解するための手助けとなりそうである。


典型的な紅型の黄色の地に描かれる文様をみると、わたしはいつもポルトガルやスペインのタイル(特にポルトガルのアズレージョ)の色彩との類似性を想像する。紅型に南蛮文化の影響があったのかどうか、気になるところである。今月末、沖縄に行ったときには、可能な限り、こうした沖縄の伝統工芸にもふれたいと思っている。


P.S.

インターネットでわかったことだが、残念ながらすでに藤村さんは6年前にお亡くなりになっていた。わたしの手元に、藤村さんを訪ねた時にいただいた名刺があるが、その裏に「紅型の大家」と書いたわたしのメモが残っていた。

合掌


2冊の沖縄・先島染織本_b0074416_20200139.jpg


# by kurarc | 2021-10-07 20:21 | 沖縄-Okinawa

2冊の沖縄本

2冊の沖縄本_b0074416_19133336.jpg


この1週間で2冊の沖縄に関する本を読んだ。1冊は司馬遼太郎著『街道をゆく 沖縄・先島への道』で、もう一冊は、高山羽根子作『首里の馬』である。


まず、司馬氏の著作だが、このシリーズを読むのは、『南蛮のみち』以来である。およそ、50年前の旅行記であるが、その内容はまったく錆びついているようなものでなかった。司馬氏の知見、含蓄が数多く含まれる内容であるが、知識を見せびらかせるような文章でなく、非常に読みやすい。


沖縄本島に関する内容が3分の1、大半は先島に関する旅行記である。沖縄編では、島尾敏雄氏に那覇で会い、琉球弧という島尾が提唱するフレームについて話し合っていたり、当時、沖縄の看板にローマ字表記が使われていないなど、日本復帰後2年目の那覇の様子(つまり、アメリカ的なものの排除)が伺える記述もある。


先島に関する内容で特に興味をもったのは、先島での鉄器導入の時期に関することである。沖縄諸島では砂鉄が産出されなかったため、鉄器の導入はかなり遅れた。一方、その遅れにより、農耕は生産性がひくく、逆に土地の所有欲は希薄になった。つまり、大型の闘争は起きにくく、平和であったというのである。


また、沖縄における蒸留酒(泡盛)の製造の経緯などの記述も司馬氏らしい捉え方である。沖縄も、もともと酒は醸造酒であった。古代の日本でもそうであったが、沖縄でも未婚の少女が米を口の中で噛み、それを唾液とともに臼のような容器に貯め、発酵させた。いわゆる、「カモス」といわれる行為だが、こうした酒の製造法は石垣島では近代まで行われていたのだという。蒸留酒については、アラビア人が中国に蒸留酒をもたらし、広東酎(カントンチュウ)、漢江酎(ハンカオチュウ)などが生まれたが、それらが沖縄(琉球)に伝わったのではないかと予測している。司馬氏は民俗学に詳しくはないと謙遜しているが、本書は、司馬民俗学の一端を垣間見ることができる良書である。


もう一方の、『首里の馬』は、2020年の芥川賞受賞作である。わたしは偶然、古本屋で見かけ購入した。芥川賞や直木賞の作品を読む習慣はないが、今回は、沖縄という場所の設定もあり、興味深く拝読した。


小説のテーマはいくつかある。アーカイブ(記憶)を残すことの難しさ、団塊の世代の生き様、インターネットによるコミュニケーション、シュルレアリズムを思わせるような馬の登場、そして、沖縄の歴史との錯綜・・・etc。小説は非常に読みやすかったが、タイトルの「首里・・・」であるが、首里の話はほとんど出てこないので、なぜこのタイトルなのか疑問をもったことと、アーカイブの具体的な内容の記述が不足しているせいで、沖縄を舞台としている必然性に欠けるような気がした。わたしは小説をあまり読む方ではないので、小説の本当の良さはわからない。それでも芥川賞を受賞した作品であるので、もっと深い読み方があるのだろうが、わたしには何か物足りない感じの小説であった。


今月末から今年2度目の沖縄の旅となる。今回は、わたしが沖縄に行くきっかけとなった小学校の解体が決まったということもあり、その小学校の見学会を旅に含ませている。今回も、わたしなりの沖縄建築学、民俗学を深めるための旅としたいと思っている。


2冊の沖縄本_b0074416_19134901.jpg


# by kurarc | 2021-10-04 19:14 | 沖縄-Okinawa

映画『TOVE』をみる

映画『TOVE』をみる_b0074416_10200411.jpg


映画『TOVE』をみる。ムーミンの生みの親、トーべ・ヤンソンの半生を描いた映画である。日本で最初にTVアニメのムーミンが始まったのは1969年ということのなで、わたしはその第1世代に属する。その当時、何冊かの絵本も買ったし、いまでもアニメの途中に流れるメロディー(スナフキンのテーマだと思う)も口ずさむことができるほど、毎週テレビをみていた記憶がある。


ムーミンのアニメに熱中したのは、きっと様々なキャラクターが登場し、物語を展開させたことや、ムーミン谷という空間とムーミンの住まいに対する憧れがあったからだと思う。今思えば、子供にとって一つのユートピアのような空間であった。


その生みの親であるトーべ・ヤンソンについては、どのような女性であるのかまったく知らなかった。この映画はフィクションであるということだが、その実像の一端を知ることができたように思う。端的に言えば彼女は自由に対し誠実に生きた女性であったようである。恋愛においても男女に区別をつけることはなく、破局したのちにも付き合いを続けていくという大らかな性格をもっていた。一方、画家として身をたてたかったことには挫折し、保守的な彫刻家(芸術家)の父親の態度にも悩んだようである。


この映画は、むしろ、そうした一面を取り上げ、トーべ・ヤンソンとはどのような女性であったのかを描くことを中心としている。わたしは、ムーミンがいかに生まれたのかについて描かれている映画とばかり思って観に行ったが、その期待は裏切られた。しかし、それはよい意味での裏切りで、トーべ・ヤンソンの未知の一面を知ることができ、益々ムーミンの物語を知りたくなった。こうした彼女の生き様が、実はあの穏やかなムミーンの世界にこっそりと描かれていることを知ったからである。


彼女は絵画、風刺画、アニメ以外にも、短編小説も著している。小説については、どのようなテーマを扱っているのか気になる。翻訳されていれば読んでみたい。また、彼女がスウェーデン語系フィンランド人であることも、彼女の創作になんらかの影響があるのかもしれないが、そのあたりはフィンランドの歴史への理解を深めないとわからないかもしれない。


# by kurarc | 2021-10-03 10:20 | cinema(映画)