トニーノ・グエッラ 生誕100周年

トニーノ・グエッラ 生誕100周年_b0074416_16182581.jpg


今年、イタリアの脚本家(作家、詩人)、トニーノ・グエッラ(上画像、トニーノ・グエッラ ミュージアムより借用)が生誕100周年であることに気がついた。すでに2012年に逝去されているが、わたしはこの脚本家(映画脚本家)がいなかったらこれほど映画を観るようにはならなかったと思う。

彼は、ミケランジェロ・アントニーオーニ、フェリー二、マルコ・ベッキオ、タルコフスキー、テオ・アンゲロプロスといった名だたる巨匠の映画の脚本を担当している。以前にも書いたが、わたしが映画の脚本を意識するようになったのは、アンゲロプロス監督の『シテール島への船出』という映画であった。映画の最初で、「私だよ」(ギリシア語で「エゴイメン」)という単純なシナリオがいかに大きな意味を持つのか、考えされられた。ラストのシーン、「夜明けだ」、「いいですよ」という夫婦の会話が交わされたのち、浮桟橋は海の彼方へと消えていく。この映画の最も美しいシーンだが、この会話はその美しさを壊すことのないミニマルな言葉で締めくくられている。

残念だが、日本語で読める彼に関する書籍は見当たらない。研究者や彼のファンは多いはずだが、ウィキペディアでも資料の紹介はない。作家のイタロ・カルヴィーノと同時代人であるから、スペイン戦争を青春期に知り、第二次大戦では、ドイツのファシスト連合部隊と何らかのかたちで戦闘した世代かもしれない。その経験から、彼の詩的な表現は導きだされたのだろう。

彼の関わったシナリオの映画をすべて観ているわけではないが、可能な限り観たいし、すでに観た映画もまた観直したい。また、彼に関する資料もできるだけ収集したいと思っている。イタリア文化会館などで何か催し物があることを期待したい。

*トニーノ・グエッラの「グエッラ」(Guerra)は、「戦争、争い」を意味する。これが本名であるらしいので、不思議だ。

*彼のミュージアムのHPによれば、第二次大戦中、グエッラはドイツに強制送還され、収容所生活の中で、物書きとしての素質を発見した、とある。

*ミュージアムの場所は、彼の晩年の住居に建設されたようだ。サンタルカンジェロ・ディ・ロマーニという街で、リミニの西10kmほどのところである。

# by kurarc | 2020-06-03 13:14 | cinema(映画)

カタストロフィーと建築、デザイン

新型コロナウイルスは、社会に大きい影響を及ぼしたが、この疫病により、今後どのようなデザイン、建築計画をしていくのかについて考えなおさなければならないことは数多くあるはずである。以前、このブログで、病院建築の動線について、様々な動線を組み替えられるプランを想定する必要があることを書いた。

日本において、さらに危惧されるのは、巨大噴火である。破局噴火とも呼ばれ、日本における最大のカタストロフィーとなることは間違いないだろう。私たちは、この最大の難局にどのように対処するのか、様々な分野で再考しなければならない時期に来ているのかもしれない。

建築においてはどうだろうか。巨大噴火が発生した場合、まず問題となるのは火山灰である。建築の窓はずっと閉鎖していなければならなくなることは目に見えている。よって、換気が安易にできなくなる。また、外気を吸い込むようなあらゆる設備も使用できなくなる。夏場にエアコンも使えず、窓も開けられない状況が生ずることも考えられる。そう考えると、日当たりを第一に考える日本の建築(特に住宅)の居室は温室化し、居住できるようなスペースとはならなくなるだろう。夏でも、あるいは冬でもエアコンの必要のないスペースが求められるだろう。(冬場は、薪ストーブなどの設備でしのぐことが必要だが、その時にも換気の対策が必要になる。)ソーラー発電で電気をつくるような設備自体も火山灰の影響で一時使用不可能になるだろう。

建築とは関係はないが、マスクも問題となる。現在、やっとマスクが供給され始めたが、火山灰を防せげるような仕様ではない。最低、防塵仕様が必要となる。マスクづくりがそれぞれの地域で始まっていると聞くが、自治体は、そうしたマスクだけでなく、高価な防塵仕様のマスクも備蓄すべきなのであるが、そこまで考えが及んでいるのだろうか?

火山灰は、電気通信機器も破壊する。テレビ、ラジオ、パソコン(特にインターネット)、携帯電話も使用できなくなることが想定される。(いわゆる、ブラックアウトが起こる可能性が高い。)かつ、電気、ガス、水道、および商品、食料の流通もストップするかもしれない。(病院機能が麻痺する可能性も高い)そのような状況で、どのように生き延び、コミュニケーションをとっていくのか、究極の防災計画が必要となることは間違いない。カタストロフィーを想定した建築、デザインを真剣に考えなければならないが、この問題は、建築、デザインの領域をはるかに超えているので、国家レベルで議論されるべき問題だろう。

# by kurarc | 2020-06-02 09:34 | design(デザイン)

タコのリゾット(アロシュ・デゥ・ポルヴォ)

ポルトガル滞在時によく食べた料理にアロシュ・デゥ・・・という名前の料理がある。・・・にはアンコウだの魚介類だの、タコといったものが並ぶ。特に、わたしが気に入ったのは、アロシュ・デゥ・ポルヴォ、タコのリゾットである。「アロシュ」とは「米」のことで、この場合、リゾット、あるいは日本の雑炊に近い意味になる。

かなり前に、ポルトガル北の都市、ヴィアナ・ドゥ・キャステロで食べたアロシュ・デゥ・ポルヴォが一番おいしかったとこのブログで書いた。日本にもタコの炊き込みご飯など、おいしいタコと米の組み合わせがあるが、ポルトガルのものは、トマトソースと赤ワインで煮込むリゾットである。

今日は、久しぶりにアロシュ・デゥ・ポルヴォが食べたくなりつくった。ポルトガルのものを正確に再現しようとはおもっていない。自己流で十分である。わたしは、トマトソースにいつものようにエルブ・デ・プロヴァンスを使うので、南フランスの香りのするアロシュ・デゥ・ポルヴォになる。タコはもちろん明石のタコである。

タコのリゾットをつくったことのない方は是非挑戦してほしいいと思う。イタリア料理のリゾットのつくりかたを参考にすれば十分おいしいものができると思う。ポルトガルが異なるのは、パプリカのペースト(MASSA マッサ)を使うあたりだと思うが、こちらも地方によって異なると思われる。あとは、ポルトガルの赤ワインを使うことでポルトガルの味が引き出されるだろう。こちらもワインの味に差があるので、どの地方のワインを使うのかにより差が出てくる。檀一雄が自分の名前とよく似た響きのワインであると喜んだ「Dao ダォン」の赤あたりがよいかもしれない。

*「Dao」の「a」には、正確には上に「〜 ティル」がつく。

# by kurarc | 2020-06-01 19:21 | Portugal(ポルトガル)

ブラジルの水彩画

カフェで本を読んでいると、アリ・バホーゾの名曲「ブラジルの水彩画」が流れてきた。歌は、ジョアン・ジルベルト、カエターノ・ヴェローゾ、ジルベルト・ジルで、日本で『海の奇跡』という題名で発売されているジョアンのCDの1曲目に収録されたものである。

この曲を聴くと、なにか肩の力が抜けるような心地よい感覚を味わう。特に、上の三人で歌うバージョンがよい。ボサノヴァ・シンガーの山本のりこさんがblog内にこの曲について書いた箇所があり、参考になる。歌詞も訳してくれている。この歌の歌詞はブラジルのご当地ソング的内容なので、当初はかなり評判の悪いものであったらしい。そうした歌をジョアンがまったく別物に変えてしまったのである。

何と言っても曲がすばらしい。ブラジルを「月が遊びにやって来る」と歌うあたりは、ブラジルらしい。ディズニー映画『ラテン・アメリカの旅』(原題、友だちによろしく、下画像)の中にもこの曲が使用されているという。

CD『海の奇跡』も全体がジョアンのプロデュースでつくられた傑作である。ブラジルは現在、新型コロナウイルスで大変なことになっているというが、このCDを聴いていると、心配するな、とどこからか聴こえて来るような気がする。

ブラジルの水彩画_b0074416_23381712.jpg


# by kurarc | 2020-05-30 23:22 | Brazil(ブラジル)

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』_b0074416_22040781.jpg

原作や漫画ではかなりヒットしたものらしいが、残念ながら映画の出来は今ひとつだった。映画では、太宰の『晩年』と夏目漱石の『それから』を主題にしている。古本とミステリーを重ね合わせたテーマは興味深いが、なにか歯車が噛み合っていないような感覚である。

まずはロケ地である。中心は鎌倉であるが、鎌倉で収まらずに様々な場所をコラージュして制作されている。こういう場合、できれば一都市のなかで完結させたいところだろうが、舞台が鎌倉だけでは足りなかったのだろう。鎌倉の風景を知っているものには、やはり違和感がぬぐえない。

過去と現在を交錯させた描き方も少し稚拙で、舞台の古書店はセットであると思われるが、古書店や看板のデザインなどにリアリティ、説得力がない。ヨーロッパあたりであれば、実際の古書店が舞台として使えるのだろうが、日本では舞台として使用できるような優雅な古書店は限られている。

いろいろ不満は残ったが、かといって観ることのできない映画というわけではない。主人公の黒木華さんの演技がよいこと、野村周平さんの演技の素直さもよい。

昭和の文芸ものの情景を描くような映画はもはや撮影舞台が難しいだろう。日本から昭和が急速に消滅しつつあるからである。昭和の人間としては悲しいが、最近、昭和が懐かしいというより恋しい想いが強い。いろいろ問題の多い時代ではあったが、まだ舗装道路もあまりなく、雨が降ると、砂利道に水たまりができる。そのような道が最近よく思い出される。

この映画では、最後にサザンオールスターズの『北鎌倉の思い出』という曲が流れるが、原由子のボーカルが新鮮でよかった。

# by kurarc | 2020-05-29 22:01 | cinema(映画)

ジャン・ヌーベル  フィルハモニー・ド・パリ

ジャン・ヌーベル  フィルハモニー・ド・パリ_b0074416_20373961.jpg

来年のオリンピック開催はかなり現実的ではなくなってきているような気がしてきた。新国立競技場も竣工したのはよいが、衝動的に見に行きたくなるような建築では残念ながらない。それに比較して、海外には理屈なしに見に行きたくなる建築が数多くある。わたしは、まずはノーマン・フォスター設計のベルリン、ライヒスターク(国会議事堂)、それに、パリに2015年に竣工したフィルハモニー・ド・パリの建築である。(パースはジャン・ヌーベルHPより引用)設計はジャン・ヌーベル。彼の建築はリスボンに滞在中、パリに行った時に見学したが、それ以来、見ていない。

BRUTAUSでクラシック音楽の特集があり、その中で、この建築を紹介していた。N響のコンサートマスターである篠崎史紀氏はこのホールで演奏したらしいが、かなり音響がよいとのこと。建築のかたちは奇抜だが、どうもそれだけではないようだ。ヌーベルの建築は直線的な建築が多いが、これはかなり冒険したと思われる形態である。そのコンセプトがどこから導き出されたのか興味深いが、この建築について詳しく資料にあたっていないこともあり、図書館が開館したら調べにいきたいと思っている。

*ライヒスタークについては、CASABELA最新号906に赤坂喜顕氏の論考がある。ライヒスタークのガラスのドームとブルネッレスキのサンタ・マリア・デル・フイオーレのクーポラ(ドーム)が比較され論じられている。

ジャン・ヌーベル  フィルハモニー・ド・パリ_b0074416_20375858.jpg



# by kurarc | 2020-05-28 20:38 | architects(建築家たち)

『重力とは何か』(大栗博司著)を読む

『重力とは何か』(大栗博司著)を読む_b0074416_20382133.jpg

ブラックホールの画像が話題となったのはいつだったか。新型コロナウイルスの報道で、そうした最も興味を持つべき情報がかき消されてしまっている。現在、最も刺激に満ちた分野といえば、わたしの中では物理学である。

表題の『重力とは何か』は、その名の通り、重力の研究史であり、ニュートンからはじまる重力という発見からアインシュタイン、超弦理論までのパースペクティブである。新書でおよそ300ページほどの本書を要約することはわたしには不可能であるが、大栗氏は、物理学初学者にもアクチュアルな物理学の最前線の事象を平易に解説してくれている。

重力は通常、物理学を知らないものにとっては、ニュートンの世界で終わっている。少し興味のあるものは、アインシュタインの相対論までは知っているかもしれない。問題は、その後である。ホーキングが宇宙には特異点が存在することからアインシュタインの理論が完全ではないことを証明したこと、そして、相対論に対して量子力学というミクロの世界との統一理論は可能か?最後に、重力は消えてしまうのだが、そのあたりから、現代物理学は素人では感覚的につかみきれない世界に入っていくようだ。

本書で興味深かったのは、宇宙の根源を説明する究極の基本法則は必ずある、と言い切っていること、また、マルチバース(多重宇宙)についてであった。マルチバースが事実として発見されれば、ユニバースという言葉が辞書からなくなるかもしれない。そして、宇宙が一つではないならば、それによって、神の存在は否定されるだろう。

物理学は現在、中途半端なSF小説を読むより刺激に満ちていることだけは確かである。今後は超弦理論についていけるように大栗氏の著作をフォローすることにしたい。

# by kurarc | 2020-05-26 20:37 | books(書物・本)

りぶうぇる練馬ティサービスセンター(17) 外壁材・耐火被覆材施工

りぶうぇる練馬ティサービスセンター(17)  外壁材・耐火被覆材施工_b0074416_00035212.jpeg
りぶうぇる練馬ティサービスセンター(17)  外壁材・耐火被覆材施工_b0074416_00040727.jpeg


りぶうぇる練馬ティサービスセンターの外壁材(ALC版)設置と内部の耐火被覆がはじまった。

ALC版は厚50mmで、この上からリシンという吹き付け材を塗装し仕上げていく。梁の耐火被覆は、今回、巻きつけるタイプ(写真、下)を選択している。柱の耐火被覆はボードにて行う。

外壁材が施工されると、内部の部屋の大きさが明確に把握できるようになる。光の入り方も、おおよそつかむことができるようになる。

来週からは、内部の軽鉄(壁材の下地材)の施工に移行していく。並行して、外部周りの防水工事も進んでいく。


りぶうぇる練馬ティサービスセンター(17)  外壁材・耐火被覆材施工_b0074416_00042179.jpeg


# by kurarc | 2020-05-24 00:05 | りぶうぇる練馬ディサービスセンター

鳴り砂考

鳴り砂考_b0074416_19303978.jpg

晴れた日に砂浜を歩くと、クッ、クッ、と音のする砂浜がある。三陸海岸には九九鳴浜や九と九を加えて十八(ぐぐ)鳴浜があるという。このような砂を「鳴り砂」と呼ぶが、こうした浜は、北陸や山陰地方では琴ケ浜、琴引浜などの名前をつけられていることが多い。

『粉の秘密・砂の謎』(三輪茂雄著)には、こうした粉や砂、いわゆる粉体と物理学で呼ばれるエピソードを集めた物理学書であり文化人類学、民俗学書のような書物である。

三輪氏は、「九九」という音から、九十九里浜もこの鳴り砂だったのでは、という推測をたて、調査に行ったのだという。しかし、砂は鳴らなかったが、その砂を研究室に持ち帰り、調べてみると、黒い砂が大量に含まれ、土砂による汚れもひどく、鳴り砂の条件から外れていることがわかった。

しかし、よくよく調べると、砂の主成分であった石英粒は鳴り砂の特性をもっていることがわかった。採取してきた砂を洗浄したところ、見事に鳴いた、という。これは、江戸初期に行われた利根川改修により、もともと東京湾に流れていた川砂がこちらに流れ込んでいたことが原因であったのである。

上のようなエピソードをはじめ、砂や粉にまつわる興味深い話が本書には数多く含まれている。実は、我々のまわりは少し考えてみればわかるが、粉や砂だらけなのだ。抹茶、コーヒーの粉、小麦粉や砂糖などを想像すればすぐわかることである。抹茶も江戸後期に臼でひかれた抹茶が製品として出回る前は、てん茶という茶葉を石臼で飲む前にひいていたのだという。つまり、日本人は「インスタント抹茶」を江戸時代から飲むようになっていたと言えると三輪氏は述べている。

砂丘がつくる模様(バルハン)に興味をもったことから、粉体力学(粉体工学)という学問があることを知ったが、特に砂は文学の題材にもなり、建築資材にかかせない物質でもある。一粒の砂の中に宇宙を感じることができる、そこが粉体という物質、物理対象の興味深いところかもしれない。

# by kurarc | 2020-05-20 19:29 | nature(自然)

落し物

3日ほど前にSuicaを落とし、もう出てこないだろうと、使わずに用意しておいた東京駅100年記念のSuicaを使用していたが、今朝方、武蔵野警察署から電話があり、Suicaの落し物が届いているという連絡が入った。

こういう場合、日本人の親切心とかで通常は説明されるが、Suica程度のものでもちゃんと届け出てくれる日本人の律儀さはいったい何なのか?わたしは単なる日本人の親切心とかいうことから説明できる問題ではないのでは、と思い始めた。

わたしが感じるのは、日本人の「もの」に対する感覚が例えば欧米人とまったく異なるのではないか、という仮説をたててみたくなるのである。もしかしたら、欧米人はたとえば、Suica程度の「もの」は「もの」としてしか見ないのではないか。だから、落し物は落とされた時点で誰のものでもなくなる。よって、わざわざ届け出るようなことは避ける。

日本人は「もの」の中に、同時に「人」をみる。「もの」にはその所有者の大げさに言えば「魂」のようなものが感じられ、それを所有しようとは思わないのではないか。「もの」に対する畏怖とでも言おうか?だから、親切心というより、そのものに対する恐怖心のようなものから、それをむしろ手放したい衝動があるのではないか?その行動が、警察に届け出るという行為につながるのではないか?そんなことを思ってみたりするが、定かではない。

それにしても、Suicaのような些細なものを届け出てくれた方に感謝するしかない。

# by kurarc | 2020-05-19 18:19