人気ブログランキング |

ブーケガルニの香り

b0074416_184810100.jpg

台風で閉じ込められそうな気配である。こういうときは、冷凍庫に冷凍しておける料理をつくりだめしておく。久しぶりにポトフを仕込むことにした。

ポトフをつくるときに必ず使うスパイス(ハーブ)がブーケガルニである。これを使うようになってからは、これなしで調理をすることは考えられなくなった。

使用しているのは市販のもので、浅岡スパイス株式会社のものである。ローレル、オレガノ、ローズマリー、オールスパイス、サボリ、タイム、パセリ、フェンネルがガーゼの玉になって6玉で売られている。

この香りを嗅ぐと、特に地中海沿いのヨーロッパの料理が思い出される。それは、ギリシャからフランスまでの国で食べた何らかの料理が想起される。肉の臭みを消すための混合香辛料であるが、この香りは人々の料理文化の記憶に深く沈殿していると想像できる。よって、この香りのないポトフをヨーロッパ人に出すことは許されないと考えた方がよいだろう。
by kurarc | 2013-09-15 18:45 | aromascape