日常の中のデザイン11 CDケース

b0074416_1325734.jpg

CDを買ったときにいつも気になるのはCDケースの耐久性である。CDケースは通常、透明な樹脂のケースが一般的だが、このケースは落とすとケースの丁番部分が破損して使い物にならなくなってしまう。紙のケースであれば問題はないが、積み上げたりすることはできない。

アナ・マリア・ヨペクというこのブログでたびたび紹介しているポーランドのミュージシャンのCD『JO & CO』のケース(上写真)は、丁番部分が表面に露出せずに、少し奥まったところで開閉するデザインになっていた。こうした丁番のデザインであれば、たとえ落としたとしてもこの部分が破損するリスクは減少しそうである。

CDケースが破損すると、そのCDの音楽そのものが傷ついたような感じとなり、不快な思いをする。音楽の内容だけでなく、CDケースにも気を配ってもらいたいものだ。
by kurarc | 2014-02-08 13:25 | design