人気ブログランキング |

加圧式ボールペン

b0074416_22454391.jpg



我々のような建築に携わるものは誰でも気づいていることだと思うが、建築とは竣工するまでは、ほとんど屋外での作業につきまとわされる、ということである。特に職人さんたちは雨が降ろうが、雪が降ろうが屋外で作業をしなければならない。傘をさして建築作業はできないのである。屋根がかかっても、サッシが入らなければ屋外と変わらない。建築を監理する場合も、現場で傘をさすことはない。雨具を着て作業をすることになる。そういった面はきわめて農作業に似ている。

雨の中での作業で困ることの一つは筆記用具である。たとえば、山登りをしたときにも、雨の中でメモをとることが必要となるので、雨の中でも書けるボールペンや耐水ノートは必需品となる。

このところ加圧式のボールペン(上:uni パワータンク、下:パイロット ダウンフォース)が様々なメーカーから発売されている。(機能が先行し、デザインは今一つである。)上向きにも書け、濡れたノートにも書けるという。まだ買って試してはいないが、これだけの機能が必要な人たちが増えているということなのだろうか?私にはむしろデスクワーク派だけが増えていると思っていたが、どうやらそれは偏見であったようだ。

デスクワークが当たり前となった世界では、屋外でも、悪天候においてもメモをとるようなタフな人材が必要なのだろう。なぜなら、そうしたフィールドワークによって新たな発想が生み出されるからである。つまり、室内外両用の人材がもとめられているという証しなのかもしれない。
b0074416_23554491.jpg

by kurarc | 2014-03-20 22:45 | design