人気ブログランキング |

砂の採取02/葉山 一色海岸/GL±0m

b0074416_217586.jpg

柳瀬正夢展に行ったついでに、葉山の一色海岸で砂の採取を行った。(上写真の中央あたりで採取)神奈川では最も好きな海岸の一つ。一色海岸は、葉山の御用邸が隣接するだけに、管理が行き届いていて、私が子供のときの記憶にある海岸のイメージがそのまま残された貴重な景観である。

近年、海岸の砂浜が浸食され、他の地域から砂を運び入れている砂浜も多い。そのために、一色海岸のオリジナルの砂であるのか確証はない。よって、採取の場所をなるべく波打ち際で行った。

人は海の前に立った時、何をみるのか。水平線上に視線をおくる人、波の動き、風の流れを感じる人、沖に浮かぶヨットに目をやる人、海の中の生物を想像する人など様々だろう。私は砂に興味をもってからは、波打ち際で波の作用によって回転する砂の運動に目をやるようになった。

砂浜に存在する砂は、何万年もの時間をかけて、海から運ばれてきたものである。あるいは、川から海へ運ばれた砂が海へたどり着いたものもあるだろう。落下した隕石の破片がその中に含まれている可能性も十分にある。砂の採取は、砂に眠る膨大な時間を観察するためのフィールドワークの一つである。
by kurarc | 2014-03-24 21:07 | sand