フードコンテナ

b0074416_1350135.jpg

先日ブログで紹介したスープは、かなりよい出来であった。こうしたスープを外出先、たとえば、我々のような建築関係者であれば、現場に持ち込んでおけば、かなり豊かなランチに変身する。

スープを持ち歩くときに必要なのがフードコンテナである。私はサーモスのフードコンテナ(0.38リットル、上写真)を利用している。6時間くらい時間が経過しても、保温力が優れているため、冷めるようなことはなく、ちょうどよい温度を保ってくれる。0.38リットルで、一人前のスープ類を持ち運ぶのに適した大きさとなる。また、この大きさであれば、かさばる程でもない。この中に、手作りのカレーを仕込んでおけば、外出先でご飯を購入するだけで、カレーライスを食べることができる。

いつも手作りのスープ類を持参しておけば、貧しい昼食がスープ付きとなり、栄養のバランスも補ってくれる。
by kurarc | 2014-09-14 13:47 | design