人気ブログランキング |

トランペット Bach180ML37SP との付き合い

Bach(バック)180ML37SPは現在使用している楽器名である。プロの方々も使用するこの楽器を1年前中古で購入した。当初はかなり音を出すのに手こずったが、最近ようやく自分の音が出せるようになってきた。

自分にあったマウスピース(Bach 6C)が発見できたことも大きいが、このクセのある楽器が自分になじんできたことを感じられるようになった。日本の楽器にはクセのあまり感じられないものが多い気がするが、このクセを自分のものにできたときには、とてつもない美しい響きが奏でられることになる。

考えてみれば2009年に初めてトランペットをはじめて、およそ5年が経過したことになる。途中、事情により中断したこともあったが、特にこの1年は、このバックのトランペットを手に入れ、少しずつ練習を重ねてきた。

それでも、やっと初級に到達したくらいだろうか。楽器の習得には時間がかかる。よい歳にもなるので早く身に付けたい気持ちは大きいが、あせってはいけないし、あせっても上達するような楽器ではない。現在の先生には「楽器は子供が言葉を覚えていくようなもの」と教えられ、なるほどと思った。

語学の習得もそうだが、何歳になっても子供の頃に戻った気持ちで何かをはじめられるかどうかが大切なのである。
by kurarc | 2014-10-18 10:50 | trumpet