スペルト小麦(古代小麦)

スペルト小麦がおいしいと聞き、イタリア産(イタリア語でFARROという)のものを購入し、早速調理してみた。

まずは、ご飯を炊くように、鍋に小麦の量の2.5倍の水を入れて、そのまま弱火で20分程度茹でて、水分がなくなるころに、火を止め、放置して熱を通して出来上がりである。

食感は以外とご飯に近く、もちもちとしている。このまま、ご飯のかわりにもなるような小麦である。わたしはこれをいつもつくり置きしてある野菜スープにいれて食べるつもりである。

スペルト小麦は、現在われわれが食べる小麦のように品種改良がなされていない、栄養価の高い小麦であるという。小麦アレルギーのものにも、アレルギーが発症しない場合が多いという。また、農薬等が不要で栽培できるという。

こうした小麦をつかってパンをつくることが当たり前になってほしいものだ。少なくとも、わたしの身近にあるパン屋さんには、こうしたスペルト小麦をつかったパンを扱っている店はないと思う。

詳しくは、西尾製粉株式会社HPを参照ください。
[PR]
by kurarc | 2014-10-24 22:21 | gastronomy