人気ブログランキング |

ハワイコナ 浅煎り珈琲のおいしさ 

わたしは普通はフレンチロースト程度の深入り珈琲を飲む。カフェオレにすることが多いということもあるが、浅煎りの珈琲は最近ほとんど飲んでいなかった。

青山通りに面する国連大学前のファーマーズマーケットは、近くによく通う映画館があるため、何とはなしに立ち寄ることがよくあるのだが、藤沢本鵠沼で浅煎り珈琲豆専門店を営む「イースト」という店が出店していたので、奮発してハワイコナ(80gで1000円(税込み))という高価な豆を購入し、家に帰り淹れてみた。

豆が高価といっても、いつも言うように、カフェで珈琲を飲むことと比較するとかなり安い。一杯あたり5、60円程度。普通の豆なら20、30円程度である。わたしたちは外でこの10倍以上の価格で珈琲を飲んでいることになる。(もちろん、カフェで飲む付加価値はあるが)

ハワイコナという豆のせいもあるが、浅煎りの柔らかな珈琲のおいしさを久しぶりに堪能した。家に常備しておく珈琲は浅煎りのもの、深煎りのもの、2種類あることが好ましいと感じた。少し贅沢だが、このハワイコナを水出し珈琲(豆を3倍程度使用する)とするとさらにおいしそうである。

やはり、珈琲はわたしにとって必需品である。
by kurarc | 2015-02-01 10:48 | gastronomy