井の頭公園 桜の季節

住まいの最寄り駅は三鷹駅だが、外出したときなど吉祥寺駅で降りて、井の頭公園を横切りながら家へ帰ることがある。今日も、桜の様子を伺いながら、家路についた。

井の頭公園は、地方の自然豊かな場所で育った人からみたら、貧しい公園と思われるかもしれないが、わたしにとってはかけがえのない場所である。この公園を歩くと50年以上の記憶が甦ってくるからである。幼なじみと遊んだこの場所はわたしにとってのホットスポットのようでもあり、心を浄化してくれるような場所でもある。このような場所はわたしにとって、ここしかない。

人からどんなに貧しい場所と思われようと、育った場所は誰になんといわれようと大切にしなければならないと思う。今年はまた「かいぼり」がはじまる。桜もよいが、まずは池の水が昭和初期の頃のように澄んだ池に戻ってくれることを願いたい。
by kurarc | 2015-03-27 19:38 | 三鷹-Mitaka