人気ブログランキング |

東京外国語大学の講座へ

東京外国語大学の市民講座に参加することにした。「ポーランド映画の傑作を読むー21世紀の傑作群」という講座で、講師は、久山宏一先生。

東京外国語大学は、現在、府中にキャンパスがあり、わたしの住まいから自転車でも行けるほどの距離にある。電車では、武蔵境から西武多摩川線に乗り換えて多磨駅下車、徒歩5分のところにある。

東京外国語大学は、私の叔父(母の弟)の母校である。叔父は、神奈川の県立湘南高校で英語の天才と言われ、戦後、外語大の英米科の1期生であったという。わたしは母親の弟自慢を聞いていたおかげで、英語には興味がなくなった。叔父はレコードがすり切れるまで英語を聞きながら勉強をしたらしい。しかし、英語ができたがゆえに、家族とのアメリカ生活で、家族を犠牲にしてしまった。海外での生活はリスクが大きかったのである。

ポーランド語講座も申し込もうと思ったが、すでに定員オーバーであった。しかし、考えてみれば、そんなに多くの講座に通える程の時間はない。この講座もどれほど通うことができるのかはなはだ疑問だが、ポーランド学の専門家による映画の講座は、この大学くらいしか開講していないと思う。ポーランド映画をさらに深く味わえるようになりたいものである。

*解説される映画は以下の通りである。

第1回:ロマン・ポランスキ監督『戦場のピアニスト』(2002)
第2回:アンジェイ・ワイダ監督『カティンの森』(2007)
第3回:ドロタ・ケンジェジャフスカ監督『木洩れ日の家で』(2007)
第4回:アグニェシュカ・ホランド監督『ソハの地下水道』(2011)
第5回:パヴェウ・パヴリコフスキ監督『イーダ』(2013)
第6回:ヨアンナ&クシシュトフ・クラウゼ監督『パプーシャの黒い瞳』(2013)
by kurarc | 2015-03-30 21:10 | Poland