ユニバーサルスープ

昨年12月1日のブログで自分なりに完成したスープのレシピを紹介した。このスープは、野菜やシメジ、ベーコンによって出汁をとるので、その後の応用が利くことを述べた。

こうしたスープをデザインでも使われる「ユニバーサル」という言葉を使い、「ユニバーサルスープ」と名付けることにした。

最近このスープをもとに、「よもぎの粉末」を加えたものをつくってみた。よもぎ(特に沖縄のよもぎ)がなかなか手に入りにくいので、粉末を購入し、スープの中に入れる。この場合は、きざみ昆布なども加えて、和風のスープに変身させる。

以前にも述べたように、カレー粉を加える、トマトを加える、味噌を加える等々、様々な具材を加えるだけで、多様なスープに生まれ変わる。スープの原型のようなスープ、万能のスープという意味で、「ユニバーサルスープ」。

これがわたしが行きついた常備菜を兼ねた常備汁である。
by kurarc | 2015-05-12 19:41 | gastronomy