人気ブログランキング |

建築家T.I.の自伝 

たまたま購入した週刊文春7月23日号の記事の中に、日本で現在最も著名な建築家の一人、T.I.氏の履歴書の記事が掲載されていた。(記事は、『新家の履歴書』という名称)

家族の話、芦原義信氏設計による自邸の話、苦労話など興味深いエピソードが豊富で、記事の内容を楽しませてもらったが、この記事の最後の文章に落胆した。

「東京もつまらなくなってきたので、もう少し歳をとったら、1年の半分くらいはそこ(大三島をさす)で過ごせたらいいな・・・」

東京を拠点としてさんざん活動してきた世界的な建築家の言葉がこれである。こういうことを言うから建築家という人種は信用されないのだと思う。やはり、この人は好きになれない。
by kurarc | 2015-07-15 12:20 | architects