『屋根の上のバイリンガル』 沼野充義著

b0074416_0245526.jpg

ポーランドに興味をもつようになったため、ロシア、ポーランド文学の研究者として著名な沼野氏の著書に接する機会が増えてきた。タイトルの『屋根の上のバイリンガル』は、沼野氏の言語にまつわるエッセイといった体裁だが、内容は軽快な口調で書かれていて、いたって興味深い。

前回のブログでふれたリトアニア語について、このエッセイでもその内容にふれていて、リトアニア語の中に、多くの古代インド語の言葉を残していることが書かれていた。ロマンス諸語なども含め、インド・ヨーロッパ語族などと言われるが、ピンとくることのない方が大半ではないか。リトアニア語を知れば、そのいわれがよくわかるのだろう。(ただ、たとえばポルトガル語ではじめに習う動詞esterとser(英語のbe動詞にあたるもの)は古代インドの影響であることをポルトガル語の先生から学んだことはあるが。)

この著書では、たとえば、「バイリンガル」ということは、アメリカでは教育程度の低い外からやってきた移民として考えられるという。「バイリンガル」ということが現在の日本人が考えるようにポジティブには考えられていないということらしい。移民たちは自国の文化への保守性もあり、自国の言語を引きずるが、住んでいるのはアメリカなので、やむを得ず英語を学ぶことになる。その英語もいやいややるわけで、発音もめちゃくちゃなのだろうから、アメリカ人には「バイリンガル」であることは、イクオール、下手な英語を話す「移民」と結びつくのだろう。

本書は、言葉というものを題材として、世界旅行に出かけた気分を味わうことができる良書。沼野氏の著書に今後とも目が離せそうもない。
by kurarc | 2015-07-31 00:23 | books