人気ブログランキング |

JAZZの学び直し

b0074416_21544217.jpg

ジャズを学び直しはじめた。現在、所属する吹奏楽団でもジャズの曲を取り上げることもあるし、やはり、わたしの場合、クラシックかジャズかと問われれば、ジャズ寄りの人間だからである。

大学時代、T先生(T先生は、ジャズギタリスト渡辺香津美さんのお弟子さん)に師事して、1年間、ジャズギターを学んだ。もう35年前の話である。それ以前にギターをやっていたので、すぐに曲のコピーをはじめた。ジョー・パスやウェス・モンゴメリーのジャズブルースをコピーしたが、アドリブをこなすというレベルまでにはいけなかった。当時、日本語で読めるジャズ理論書といえるものは、渡辺貞夫著の『JAZZ STUDY』(上)くらいで、わたしのように専門家でないものには、数学書のようで、すぐに理解できるようなものではなかった。

今もこの本を所有しているが、20歳の頃よりは理解できるようになっている。しかし、この本より初学者にわかりやすいジャズ入門書が現在はいくらでもある。You Tubeで著名な演奏家の演奏を聴くことができるから、音楽を学ぶことは驚くほど容易になったと思う。しかし、そのことが音楽を根源的に豊かにしてくれるのかは別問題だろう。

なぜ、ジャズを学び直すのか、それは音楽を理解したい(ジャズというアプローチから)、という欲求であるということが素直な回答のような気がする。また、若い頃にやり残した宿題のような感覚かもしれない。結局わたしは、音楽だけでなく、様々な分野で、若い頃にやり残したことを改めてやり直している。それが、わたしの趣味なのかもしれない。
by kurarc | 2015-09-03 21:52 | music