人気ブログランキング |

窓をめぐる永遠の物語

昨年、このブログにwindowというカテゴリーを追加したとき、「窓の宇宙史」といった構想について簡単に書いた。その後、映画をみていて、たびたび興味深い「窓」のとらえ方、使い方に遭遇することが多く、また、今年はじめに読んだT.E.A.ホフマンの短編『隅の窓』といった小説に出会ったこともあり、窓というものに昨年以上に特別な興味をいだいている。

建築において「窓」は内部と外部の境界に位置する。窓は、世界を分割すると同時に連続させる境界でもある。一方、近代以降の透明なガラスの進化は、壁と窓との境界をあいまいなものに変化させた。ガラスとしての壁の出現によって、境界としての窓は曖昧になり、内外の境界の消失をもたらすことになる。窓はガラスのスクリーンへと変化した。

しかし、そのことによって、フレームとして存在していた窓が逆照射されることにつながっていく。特に住宅のような建築において、ガラススクリーンのような窓-壁は普通の感性の人間であれば生活空間にはなりえない。それは、ガラス張りの住宅の傑作、ミースのファンスワース邸の住人が正気を失ったことからも明らかである。

かつて、バシュラールが屋根裏部屋を哲学したように、「窓」というものを多角的に考察し、哲学することができないだろうか?それは、もちろん、建築に限らない。小説、映画、芸術、乗り物など様々なジャンルに登場する「窓」を取り上げ、そこに大きな意味を探っていくような試みである。

こうした構想を思い立ったのは、ヒッチコックの映画『裏窓』がそもそもの出発点であるが、ヒッチコック自体、この映画を構想するにあたり、過去の小説を参照したのではないかと考えられる。

窓をめぐる「永遠の物語」についてまとめることはできないものだろうか、ということである。
by kurarc | 2016-01-18 21:34 | window