ジャズ・トランペット事始め

b0074416_22271973.jpg

銀座の山野楽器で、『ブラスバンドのためのジャズ・アンサンブル(トランペット)』を購入した。ジャズ・トランペットの入門者用教則本である。

この教則本が優れているのは、まずは価格が安いこと。2枚のCDが付属して、1,800円+税。CDの中の解説は英語で話されるが、簡潔で、非常にわかりやすい。シンコペーションあたりのコツからはじまり、2ページ目を進む頃には、ジャズの感覚がつかめるようになる。4ページ目に入る頃には、簡単なインプロヴィゼーションのトレーニングに進む。6ページ目くらいになると、ジャズ・ブルースが演奏できるようになり、その次はコード、スケールへ・・・といった具合で、教則本としてシステマティックにトレーニングできるように工夫されているのである。

多分、バークリー音楽院なども、ジャズを学ぶための優れたプログラムがあり、ある程度の演奏技術をもつものであれば、誰でもジャズが演奏できるようになるのかもしれない。ジャズはすでに誰でも気軽に学ぶことができる音楽になった、と言えそうである。you tubeでも学習できるが、やはり教則本の方が体系的に学習できそうである。
by kurarc | 2016-03-22 22:28 | music