ミルヴァ&ピアソラ 1988年6月26日

b0074416_0244343.jpg

ミルヴァ&ピアソラの東京、中野サンプラザでのライブアルバムを久しぶりに聴いている。1988年6月26日(日)のライブ。このライブを母親と共に聴きに行った。これが、母への唯一のプレゼントといってよいものである。以前にもこのブログに書いたが、このライブがCDとして発売されるとは夢にも思わなかった。

ミルヴァの声がよい。ピアソラといえども、彼女の声に演奏が負けているかのようだ。いわゆるハスキーヴォイスだが、地の底から響き渡ってくるような力強さ、大地にしっかりと腰をすえて発声されているような安定感がある。彼女の声を聴いていると、所詮、器楽奏者はおもちゃを一生懸命に操る子供のような存在と思えてきてしまうほどだ。

明日(もう今日になる)はいよいよコンサートである。ミルヴァの声のように演奏することは望めそうもないが、彼女の声のように力強い音楽が、かといって重くならない音楽が演奏できるようになれればよいのに。
by kurarc | 2016-05-08 00:23 | music