人気ブログランキング |

コンサートを終えて

昨日、三鷹芸術文化センター、風のホールでのコンサートが無事終了した。もちろん、無事といっても、わたしの演奏自体は全くといってよいほど満足できるものではなかった。メンバーの皆さんにはご迷惑をおかけしたと思う。いわゆる、あがってしまう、という感覚はなかったが、単なる練習不足で、思ったように音がでないし、ミスタッチも多かった。

それはさておき、改めてこのホールを経験できた収穫は大きかった。大きな空間であっても、音響が整っているホールでは、楽器を演奏するのに力がいらない、ということがよく理解できた。このホールは、ライブ気味のホールで、金管楽器はよく反響する。よって、弦楽器向きのホールであると、メンバーの方も言っていたが、そのせいで、力を入れずに吹いただけで、音がよく返ってくる。指揮者の方が言うには、東京でも最も音響のよいホールだという。

こうしたホールを経験すると、音楽を貧しい環境で練習することの弊害のようなことを感じずにはいられない。練習にカラオケボックスをよく利用するが、自分の音を聴くという面では最悪の環境であろう。どのような楽器を練習するにも、その楽器の特性が配慮された室内環境で練習することが好ましいのだと思う。

しかし、そうした空間(音響が配慮された防音室)を手に入れるためには莫大な金額がかかるから、残念ながら、わたしのようなものは、カラオケボックスへ行かざるを得ない。少なくとも、今後は、楽器店などの防音室を借りて練習するスタイルに変えたいと思っている。

コンサートを終えて、トランペットという楽器の難しさを身につまされたが、この単純な楽器の奥行きの深さも肌身で感じられるようになった。このことがわたしにとってコンサートに参加した最大の収穫である。
by kurarc | 2016-05-09 21:08 | trumpet