有楽町でジャズ

有楽町の駅近くで、月一回、ジャズバンドの練習を行うことになった。8月11日の「山の日」までに、およそ20曲を演奏できるようにしなくてはならない。

久しぶりにジャズの譜面をおさらいしているが、その音とリズムの感覚が以前より明確に意識できるようになった。これも地元で吹奏楽を少しずつ学ぶようになった成果かもしれない。

メンバーの関係で、ファーストとセカンドのどちらかのパートを交互にやらなければならない。地元ではサードTpであるため、低音を吹くことが多いが、有楽町では、かなり高音を吹かなければならない。

そのために、Bach(バック)から最近発売されたコマーシャルマウスピース5MV(写真下)を購入して、高音に備えることにした。不思議なことに、このマウスピースを使うと、音がBachのトランペットの音に近づく。また、現在使用しているシルキーのマウスピースより音程が上がる。(やはり、マウスピースには様々な特徴があるので、マウスピースの選定は大切であることがよくわかった。)

まずは、「Skylark」といったスタンダードナンバーを練習している。20曲は曲のテンポもおだやかでわたしのレベルにはちょうどよい。いよいよ、ジャズのトレーニングのはじまりである。
b0074416_22195859.jpg

by kurarc | 2016-05-29 22:18 | music