人気ブログランキング |

AU REVOIR, LES ENFANTS

b0074416_21424698.jpg

AU REVOIR, LES ENFANTS (オルヴォワール, ル ザンファン)は、ルイ・マルの映画『さよなら子供たち』の原題(仏語)である。”AU REVOIR ”というフランス語の響きが好きなのだが、日本語の「さようなら(また会う日まで)」を意味するこの言葉は、日本語のニュアンスに近く、もう当分会わないときに使われる言葉であり、映画では、2度と会うことのない別れ(死別)を表現する言葉として使われた。

前回紹介したレーモン・クノーの『文体練習』の翻訳者の一人、松島征氏は、この映画のシナリオ(仏語)とその解説(日本語)が付属されているフランス語テキストを出版されていたので、早速手に入れてみた。最小限の解説ではあるが、この映画を深く理解できるようなコラム記事も付属していて、この映画の時代、1940年代のフランスの理解に役立つ。

この映画には、わたしの好きな女優イレーヌ・ジャコブが音楽の先生として出演している。彼女はこの映画をみたキェシロフスキに見初められて、映画『ふたりのヴェロニカ』の主演に抜擢された。彼女にとって重要な映画でもある。第二次大戦下のカトリック系寄宿舎におけるユダヤ人の少年と、友情を育むことになる少年との出会いと別れを表現した名作であるが、松島氏は、フランス文学の研究者として、映画の中で歌われる民謡やヴィシー政府、登場するドイツ人の台詞の分析など、映画を漠然とみていたのでは、気がつかない多くのポイントを解説してくれている。

さらに、映画の中で子供たちが話す俗語の解説も含まれている。こうした表現は、学習辞典にもフランス語の教本にももちろん載ってはいない。これらは、活きたフランス語を学ぶことに役にたつ。

名画、名作と言われる映画は、松島氏の解説からもわかるように、想像以上に奥深いのである。映画は娯楽の一つではあるが、人をみる、人を選ぶ娯楽といってよいかもしれない。
b0074416_21481333.jpg

by kurarc | 2016-06-30 21:39 | France