人気ブログランキング |

子供用椅子のデザイン完了

K市の後援を主とするコンペに子供用椅子のデザインを提出した。

デザインを開始してからおよそ2ヶ月、小さな椅子ではあるが、2転、3転しながらようやくかたちをまとめることができた。今回は、販売価格が低価格ということもあり、かなり合理化されたデザインとした。いつもデザインを始める前に参照とするデザイナーの仕事というものはあるが、今回はオランダの近代建築家リートフェルトである。

まだ、締め切り前ということもあり、多くのことを語ることはできないが、当初のデザインからこれ以上簡素にできないのでは、と思われるくらい簡素な椅子をデザインすることになった。

「子供用椅子の原形のようなもの」を目指したといってもよい。素人の方からみれば、どこをデザインしたのだ、と言われかねない椅子と見えるかもしれない。普通の椅子だが、この椅子は見えないところまで考え抜かれているつもりであり、自分としては満足している。

コンペの結果はどうでもよいことで、こうしたデザインをまとめあげるトレーニングとして、自分に課題を課せることが重要なのである。自分の納得のいく「かたち」(もちろん、コンセプトにおいても)にまでデザインするというトレーニングを何度も繰り返し行うことで、さらに優れたデザインの考えが浮かぶようになるからである。

by kurarc | 2016-09-18 21:23 | design