国際家具デザインコンペティションに参加

某国際家具デザインコンペティションに参加した。今回で3度目となる。まだ、入選したことはない。応募される総数は多分、何千案であろうから、入選するだけでも意義がある。それに、入選すれば、デザイン案が実現できるコンペティションであるので、張り合いがある。

3年に一度のコンペティションだが、3年前もある文章にこだわってデザインした。それは、わたしの母校の教員であり、家具デザイナーであった大橋晃朗先生の文章である。わたしが大学在学中に書かれた文章だから、すでに30年以上前のものである。大橋先生は、若くして逝去されたが、家具における業績は独創性をもち、特に家具を思考することを中心にそえた製作態度は徹底していた。

わたしが家具をデザインするときに、常に大切にするのは、大学時代に大橋先生に厳しく教えられた家具に対する心構えである。天童木工のデザインコンペティションで銀賞を獲得できたのも、大橋先生の授業を受け、家具というものに興味を持ち続けていたからである。

今回は椅子(Side Chair)をデザインしたが、この椅子は先の大橋先生の文章がヒントになっている。この文章は創造を促すために書かれた内容ではないが、わたしが勝手に読み替えて、かたちをデザインしたのである。3年前もこの文章からヒントを得てデザインした。良い結果は得られなかったが、今回も、この文章に立ち返って、再び、デザインを試みた。

あることにこだわるということのマイナス面はさけられないが、今回は、3年前のものより少し突き抜けられた感覚はある。当初のスケッチとは全く異なるかたちが生まれ、この2ヶ月ほどの緊張した作業は実に楽しかった。わたしはそれだけでよいのである。

*今回は設計主旨に英文(summary)をそえた。審査員が日本人ばかりではないからである。前回、前々回では、こうした配慮に欠けていた。

*審査は、正確には、まず、入選候補が選定される。その後、実作の審査により、入選、入賞が決定される。よって、入選候補作品にまず選ばれることが目標となろう。

[PR]
by kurarc | 2016-10-31 21:04 | design