ピエール・ジャンヌレの椅子

b0074416_13523840.jpg
何気なくインターネットを逍遥していると、ピエール・ジャンヌレの椅子が現れた。驚いたことに、わたしが今年デザインした椅子のコンセプト(上 写真左側の方)に近い椅子であった。1年ほど前、日本でコルビュジェとジャンヌレの家具に関する展覧会があったことを初めて知った。

わたしがこの椅子をもっと早く見ていたら、今年デザインした椅子はもう少し違ったものができたかもしれない。それにしても、ジャンヌレの家具について一度調べてみる必要性を感じた。

この椅子を発見できたのも、わたしが彼のようなコンセプトを考えていたからかもしれない。頭の中に浮かんだアイディアは、ネット上で常に相対化していかなければならない時代である。必要な情報を常に的確に入手できるようにすることがデザインを進める上で特に重要になってくる。来年はこのことに特に注意して仕事を進めていきたい。

*写真データは、「タブルーム」サイトより引用させていただきました。

by kurarc | 2016-12-11 13:53 | design