Biel(ビェル) 白へのオマージュ

b0074416_22070181.jpg
アナ・マリア・ヨペクと小曽根真とのCD『俳句』を購入した。今まで、アナのCDにはポーランド語の日本訳が掲載されていなかったが、このCDには幸い、日本語訳が掲載されている。もっと早く気づけばよかったのだが、今まで彼女が歌うポーランド語の意味を知りたくて仕方がなかった。

このCDの中の5曲目に入っている「Biel」(白の意)は、大好きな曲であった。あった、と書いたのは、パット・メセニーとつくったCD『UTOJENIE』の中の3曲目にも入っていて、以前からよく聴いていたからである。

この曲は、パット・メセニーのためにつくったと、作詞作曲者のマルチン・クドリンスキが『俳句』のライナーノーツに書いている。さらに興味深いことは、この曲の詩を「和泉式部の和歌からインスピレーションを受けて書いた」ということである。

待つ人の 今も来たらば いかがせむ 踏むまま惜しき 庭の雪かな

という和歌であるという。庭に積もった雪の美しさを詠んだ和歌だが、この曲では、その雪の白い色の美しさ、世界の初源としての色を讃えている。そうした内容の詩であることを知ると、いっそうこの曲が好きになった。

この曲を鑑賞するのにふさわしく、ちょうど白い季節が訪れようとしている。

*ちなみに、作詞作曲者のマルチン・クドリンスキは、アナの夫であるという。主に、彼女のプロデュサーを担っているようだ。

[PR]
by kurarc | 2017-01-13 22:04 | music

Archiscape


by S.K.
画像一覧