人気ブログランキング |

野菜スープを主食に

事務所の引越しで忙しく、なかなかスープを仕込む時間がなかった。今晩、やっといつものスープを仕込む。およそバケツ一杯の野菜を一気に煮込む。これで一週間分である。

すでに、野菜スープ(大豆など豆を含んだもの)を食前に飲むことが習慣になってしまったので、飲めない間は食事が落ち着かない。何か不足した感覚がつきまとうのである。特に、外食では野菜スープを食前に飲むことは無理だから、せめて、前菜として野菜サラダを口にする。

3年ほど前にこのブログで取り上げた糖質制限食はかなり市民権を得てきたように思う。牛丼屋のような場所でも、ご飯の替わりに湯豆腐を提供する店も出てきた。それとは正反対のカフェがスターバックスである。甘い菓子、甘いコーヒーが大人気である。ここは、マクドナルドがカフェ化したのと変わらない。

労働がデスクワーク化してきたこともあり、定食は日本人の健康を蝕むメニューとなった。定食は肉体労働食なのである。労働時間中にほぼデスクから離れないようなホワイトカラーの主食には、野菜スープが適していると思っている。もちろん、肉体労働をするブルーカラーにも、野菜スープは適している。血糖値の変動を抑えてくれるからである。

日本人から白米をぬぐい去ることはできないだろうが、もうすぐ誰もが気づくことになるだろう。日本人の食生活を根本的に変革しなければならないことが。

*日本人のアイデンティティを支えているような日本食が、実は現代の日本人にとって大したメリットがないこと。これは大きな社会問題である。糖質制限食と命名したのは、むしろ、そうした問題を直接的に指摘することを避けた巧妙な戦略だったのである。



by kurarc | 2017-02-11 20:01 | gastronomy