三鷹の水

三鷹に戻り5年目に入った。以前住んでいたマンションは、5階建てであったこともあり、水道水は、一度受水槽を経由して、室内に届いていた。よって、夏は水が暖まっていたりとおいしい水を飲むことができなかった。

現在の住まいは、3階建てであるから、水道水は直結であり、直接水道管から水が供給されるため、水の味が以前住んでいたマンションと全く異なる。

わたしはこの4年間、今飲んでいる三鷹の水の味を味わうことができなかったのだと、今更ながら気づいた。現在の水の味はわたしが子供の頃味わっていたものと全く同じ、よく冷えた水(地下水が含まれる)である。

水が合う、とよく言われるが、わたしはこの三鷹の水が今まで暮らした土地の中で最も合っていると思う。唯一、ポルトガルだけは異なる。異国でありながら、ポルトガルの水(ミネラルウォーター)はおいしかったし、よく合った。

水の味というのは微妙なものであるが、その微妙な味を舌はよく覚えているようだ。水の合う土地はわたしにとって最も大切な土地、場所である。

[PR]
by kurarc | 2017-03-04 19:22 | water