トランペットマウスピース 金メッキ加工

b0074416_21224912.jpg
現在、わたしの所有するBbトランペットは2つになった。一つは、ベッソンのMEHA(メーア、銀メッキ)というもの、もう一つは、ヤマハのYTR8310Z(金メッキ、上写真)でボビー・シューというトランペット奏者が監修したものである。

通常、トランペットを買うとマウスピースは銀メッキのものが付属しており、ヤマハのトランペットにもボビー・シュー仕様の銀メッキのマウスピースが付属していた。しかし、金メッキのトランペットに銀メッキのマウスピースが色合いとしてしっくりこないことと、金メッキにしたマウスピースの使い心地を試してみたいと思ったことから、埼玉のメッキ工場に直接、マウスピース(YAMAHA ボビー・シューJAZZというもの)の金メッキを注文した。メッキ加工にはおよそ4日間、金額は配送料を含めておよそ4000円程度になる。(楽器店を通して頼むより安価である)

銀色の方が色としては好みなのだが、メッキにより音色が異なるし、以前ほど銀色にこだわる気持ちもなくなったこともあり、躊躇はなかった。わたしは金属アレルギーはないが、金メッキの方が金属アレルギーには優しいらしく、チタンになると、完全にアレルギーの心配はいらなくなると言われている。銀メッキに比べ、金メッキの方が唇の感触が滑らかになると言われていること、金の方が緻密な音になると言われていることなどがあり、出来上がりが楽しみである。

by kurarc | 2017-06-09 21:21 | trumpet