人気ブログランキング |

ヨーヨー・マのバッハ 無伴奏チェロ組曲第2番ニ短調

b0074416_20365953.jpeg
『台北ストーリー』(エドワード・ヤン監督)という映画の冒頭で、ヨーヨー・マの無伴奏チェロ組曲第2番ニ短調プレリュードが流れていくる。ホウ・シャオシェン監督が主演している貴重な映画だが、この映画の内容を象徴するようなヨーヨー・マの1982年録音のこの曲を知ることができただけでこの映画を見る価値があった。

ヨーヨー・マの演奏は、幸運にもリスボン滞在時に聴くことができた。プログラムはピアソラの曲を中心にしたものだったと思う。リスボン滞在中に様々なコンサートに行けたのも、日本ほど料金が高くないからである。日本では高額でなかなかいくのに躊躇するプラシド・ドミンゴやカエターノ・ヴェローゾなど多くのミュージシャンのコンサートを体験できた。ヨーヨー・マの演奏で印象的だったのは、その姿がヨーロッパ人に愛されていると思われたことである。東洋人は若く見えるのだと思うが、彼が会場に入って来ると笑い声が溢れたのが印象的だった。

ヨーヨー・マの無伴奏チェロ組曲の演奏はどの曲も素晴らしいが、わたしにとっては第2番プレリュードが頭の中に残って離れない。第2番はバッハの「懊悩」の露呈、とライナーノーツに書かれているが、この曲は今この時にふさわしい曲のように思った。ジュリアン・ブリームのギターによるバッハの次に、わたしのバッハのリストの中に留めたい一枚である。

by kurarc | 2017-06-13 20:36 | music