トランペット 基礎レッスン(第1回目)

東京フィルハーモニー管弦楽団で活躍されているトランペット奏者の方に、合計2回、トランペットのレッスンをしていただけることになった。

第1回目は、基礎的なトレーニングを行う。現在は、曲をマスターしていくことを中心に練習しているため、基礎トレーニングを行うことはおろそかになっていた。ちょうど基礎を確認する良い機会となった。

基礎トレーニングは以下の通り行われた。

1)ロングトーンの練習。単音を10秒から始め、30秒伸ばすトレーニング。順番に伸ばす時間を変化させ、最後に30秒間吹き続ける。息を多く吸うことと吐くという基礎的なトレーニング。ここで重要なのは、多く吐くことにより、逆に多く吸えることの確認、一定の量を吐き続けるという非日常的なトレーニングを行うということ。

2)メトロノーム(60)に合わせて、基本的な音階をメトロノームに合わせて上昇、下降していくトレーニング。まずは、先生の音を聴き、それを繰り返す。この場合、運指を見るのではなく、音を聴くことに集中する。聴いた音を自分で再現することが重要となる。

1日目のレッスンは、この二つのみ。2)が意外と難しい。正確にメトロノームに合わせて音を出すことに慣れていないためである。こうしたトレーニングを一日の練習のはじめに行うと良いとのこと。

*トランペットの手入れについてもご指導いただく。まず、新しいトランペットは内部に研磨剤が残っていることが多いので、最初はこまめに洗い研磨剤をトランペットに残さないことが重要とのこと。また、バルブオイルは、演奏終了後にさす、とのこと。その際、余分なオイルを拭き取ってから、必要なオイルをさすようにしているとのこと。トランペットのマウスパイプは特に汚れるので、こまめに洗浄することが重要とのこと。

[PR]
by kurarc | 2017-06-18 16:58 | trumpet