人気ブログランキング |

ジャズトランペッター リー・モーガンの映画

b0074416_10294992.png
この冬、ジャズトランペッター、リー・モーガンの映画『I CALLED HIM MORGAN』が公開されるという。

このところ、マイルズ・デイヴィス、チャット・ベイカーといったジャズトランペッターの映画の公開が続いていたが、今度はモーガンである。彼のCDを多くは聴いていないが、わたしはアート・ブレーキーとジャズメッセンジャーズでのプレイ『MOANIN'』でのモーガンが好きである。

彼のトランペットは、基礎がしっかりしていると感じられること、シャープな演奏、音のキレ(タンギングのうまさ)、テクニックの秀逸さなど文句のつけようがない。いわゆる、「うまい」トランペッターである。『MOANIN'』は1950年代の録音であるが、現在の演奏といっても通じるモダンなフレーズはプロのトランペッターもファンが多いはずである。

その彼は、奥さんに銃で撃たれ、死ぬという運命をたどった。短い生涯であったが、彼が長生きしていたなら、チャット・ベイカーと互角の評価を受けていたのではないかと彼のCDを聴いて感じる。モーガンが1980年代以降まで生きて、電子的な楽器とどのようにコラボレーションしたのかなども想像してみたくなるが、それも叶わなかった。

それにしても、ジャズトランペッターの生涯は悲劇で終わることが多いのはなぜだろう?

by kurarc | 2017-11-03 10:30 | cinema