人気ブログランキング |

パリのマドレデウス

b0074416_21110252.jpg
ブラジル音楽を聴くと、必ず聴きたくなるのがマドレデウスの音楽である。ブラジルとポルトガルの音楽は陽と陰。いわば対となっているような関係で、どちらかだけでは満足できないのである。楽しい音楽の後は、少し物悲しい音楽が欲しくなる。

マドレデウスの『AINDA』というCDは、映画『リスボン物語』というヴェンダースの映画のサウンドトラック。映画の出来について、ヴェンダースもあまり気に入ってはいないらしいが、音楽の方はマドレデウスの音楽の頂点の頃の録音となっていて、ボーカルのテレーザ・サルゲイロの声が美しい。ヴェンダースはこの映画を撮影しながら、一方でミケランジェロ・アントニオーニの実質的な最後の映画『愛のめぐりあい』をアントニオーニを助けながら撮影していた。

この映画を初めて観たのはパリであった。ある大学の助手をやり、その初めての夏休みに11年ぶりにヨーロッパ(スペイン・ポルトガル・フランス・ベルギー)を旅することができ、パリに立ち寄った時に観た。1995年の夏のことである。その映画館がよかった。パリのどこだったのかうる覚えだが、映画が始まる前に、映画館の前で中年女性が映画のタイトルを叫ぶ。この映画の場合は、「リスボン・ストーリー」と英語で叫んでいた。映画館は街路から入るとすぐに映画館内になる。つまり、ホールのような空間がないのである。扉一枚で都市と映画館が連続しているのだ。

このCDの中に「MILAGRE 」という名曲がある。この曲は難解な詩の多いマドレデウスにしてはわかりやすい歌詞。この歌詞がわかればポルトガル語初級は卒業といった感じだろうか。

*マドレデウスは、世紀転換期に花開いた希少なポルトガルの音楽ユニットといってよい。以前にも書いたが、EUというインターナショナルな動きに対するナショナルな、かつポジティブな反応としてポルトガルで形作られた音楽ユニットとわたしは理解している。このような音楽を奏でるユニットはそれ以後来日することはなくなった。ポルトガルには音楽性の優れたミュージシャンが数多い。ポルトガルギター奏者であるリカルド・ロ(ホ)ーシャなど一流ミュージシャンの来日が待たれるが、日本のポルトガル大使館にはそうした意志、力を持ち合わせていないようだ。

by kurarc | 2017-11-30 21:11 | music