(仮称)牟礼6丁目ディサービスセンター 建設過程08

b0074416_20194255.jpg
年末に向けて、工事は急ピッチで進められている。今日で外壁のシーリングが終了。年内に足場を解体し、建物外周に付く庇の施工までを終わらせることが目標となっている。その間、サッシ周りの枠付け、UB設置、内部のボード貼り、階段の施工、エレベーターの施工などが進められる。

年明けからは、外構をすすめながら、内部の仕上げ、器具つけに移行する。1月は最終的な仕上げの段階に入ることになる。竣工は1月末。予算の関係から、高価な外壁材は使用できなかったが、腰回り(ベージュ)と上部(ホワイト)を貼り分け、安定した建物に見えるように工夫されている。

まずは、足場が解体され、正面からの外観が年内に眺められるようになることが目標か。

[PR]
by kurarc | 2017-12-14 20:21 | 三鷹ディサービスセンター