人気ブログランキング |

梶井基次郎との再会

前回のブログで取り上げたドッペルゲンガーという現象を調べていると、神話の中にこの現象が数多く語られていることや、その体験を小説へ表現した作家までいることがわかる。

日本では、芥川龍之介や梶井基次郎が例にあげられている。特に、梶井の『Kの昇天 或はKの溺死』に興味を持ち、読んでみた。と同時に、梶井というと忘れられないのは『檸檬』である。わたしが中学生の頃、教科書に載っていたと思う。その時以来、梶井の小説を読んでいなかった。

梶井の小説を40年ぶりくらいに読んだことになるが、文章に含まれる色彩感覚、音楽的感性、シュルレアリスム、幻視からの発想など、改めて彼がいわゆる日本におけるモダニズム期の文化を吸収し、その鋭利な感性から生み出された小説であることに気がついた。『檸檬』のラストシーンというべき描写を久しぶりに読み、懐かしかった。丸善書店の中に積まれた色彩溢れる書籍の頂上に置かれた「時限爆弾」としての黄色い”檸檬”。それは、シュルレアリスムの感性そのものではないか。

梶井を読みながら、彼は長生きしたのなら、わたしが昨年読んだジュリアン・グラッグのような小説を書くようになったのではないかと思った。幻視と幻想の漂う文体は現在、わたしが最も興味をもつ文体である。梶井は20足らずの短編を残し、逝去したが、一日あればすべて読めるような量である。今年中にすべて読まなければ・・・

*ドッペルゲンガーを調べていて頭に浮かんだのは、わたしの好きな映画『ふたりのヴェロニカ』である。この映画もドッペルゲンガーという現象から読み解くことが可能かもしれない。キェシロフスキはもしかしたら神話や文学(ヨーロッパでは、ドストエフスキー、ハイネ、ポー、オスカー・ワイルド、E.T.A.ホフマンなどの作品)からこの映画を発想したのかもしれない。


by kurarc | 2018-01-16 20:46 | books