エレーラ・イ・グティエレス・デ・ラ・ベーガ

b0074416_23203588.jpg
丸善のような書店へ行くと、その膨大な書籍量に圧倒されるが、その中に自分の探し求めているものが書かれた書物があるか、というとはっきり言ってないに等しい。どれだけ書物が山積されていても、日本語ではわたしの求めているものは読むことができないのである。

ブログのタイトルにあげたのは、スペイン、ルネサンス期の建築家。通常は「エレーラ」とだけ呼ばれる。イタリアのサン・ピエトロ寺院建設時にミケランジェロのもとで働いた経験を持つファン・バウティスタ・デ・トレドの助手として、トレドの死後はエレーラが工事を引き継いだ建築物があのエル・エスコリアル宮(上、ウィキペディアより)である。この宮殿を訪れたのは、リスボン滞在中、スペインを旅行したときであった。マドリードから列車で1時間ほどであったと記憶している。この巨大な宮殿をまかされたエレーラについて、日本語で読むことができる書物を探したが、今のところ見つけることができない。

ポルトガルのルネサンス期の建築の研究者であるジョージ・クブラーがこの建築物について一冊の書物を著している。エレーラの携わった建築はエレーラ様式と呼ばれるほどスペインでは重要であり、意義深いものである。エレーラはこの宮殿の建設において、石材のプレファブ化やクレーンを発明した、と丹下敏明氏は書いている。(『スペイン建築史』相模選書)

エレーラが重要なのは、彼の建築コンセプトのポルトガルへの影響の大きさである。いまだにどこで建築を学んだかもわからないエレーラの経歴もあり、現在でもアカデミックな立場のものからはあまり注目されないのかもしれない。しかし、ポルトガルを含めたスペイン、すなわちイベリア半島全体の建築史を知りたいと思うものには避けることができない建築家と言えるだろう。

多分、どのような分野でも同様だと思うが、何かを知りたいと思うものは、必然的に原書にあたるしかないのである。

by kurarc | 2018-02-27 23:17 | architects