Archiscape


Archiscape
by S.K.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

文楽 女殺油地獄

b0074416_23470274.jpg
先日、文楽を初体験した。近松の『女殺油地獄』である。今年は古典芸能を学ぶ年にしたいと思っていて、まずは、最も興味のある文楽を国立劇場で観覧する。

このような芸能をもっと早く知るべきであったと後悔した。文楽(人形浄瑠璃)は、太夫(語り)、三味線(音楽、楽器)、人形(人形遣い)が三位一体となった芸能であり、演劇とも異なる新鮮な芸能であった。失敗したのは、近松の『女殺油地獄』のストーリーを把握することなしに観劇したことである。太夫の語りを初めてのものが理解することは不可能に近い。字幕が舞台の両袖に掲げられるが、それを読んでいては舞台から集中がそれてしまう。

人形の迫力もさることながら、三味線の高度な演奏技術にも驚いたし、太夫の変幻自在な声色、そして、人形遣いによる人形の豊かな表情と繊細な動きなど、どれをとっても楽しめる芸術である。『女殺油地獄』では、人殺しのシーンが描かれる「豊島屋油店の段 てしまやあぶらみせのだん」が圧巻。油にまみれる姿を人形の動きで巧みに表現する。文楽は、バロック演劇といってよいような動きと語り、音楽の渾然一体となった芸術であった。

東京では2ヶ月に一度程度しか文楽は催されないが、今年はなるべく多くの作品を観覧したい。文楽ファンが東京には数多く、予約がなかなか取りづらいのが難点である。

[PR]
by kurarc | 2018-03-03 23:44 | art
<< 失われる昭和の住宅群 映画『レナードの朝』 >>


検索
最新の記事
芋焼酎 尽空
at 2018-07-14 00:45
立体音響の発見 クレマン・ア..
at 2018-07-12 22:40
「予実」という言葉
at 2018-07-09 22:27
「かたづけ士」という仕事
at 2018-07-07 21:52
アストル・ピアソラの映画
at 2018-07-03 21:47
心身と鳥のさえずり
at 2018-06-30 23:33
シナモンのリゾット(シナモン..
at 2018-06-28 18:42
携帯防災用具
at 2018-06-25 22:15
日曜夜の井の頭公園を通って
at 2018-06-24 22:10
地元のK大学病院
at 2018-06-18 18:12
カテゴリ
Notes
HP here

e-mail here

■興味のあるカテゴリを見た後に、また最初のページに戻るには、カテゴリの「全体」をクリックしてください。

■カテゴリarchives1984-1985では、1984年から1985年にかけて行った11ヶ月の旅(グランドツアー)について紹介しています。
画像は30年前のスライドをデジタル化しているため、かなり劣化しています。

■カテゴリfragmentでは、思考のヒント、覚書き、論理になる前のイメージ等、言葉を羅列する方法で書いています。

ライフログ
画像一覧
以前の記事