Archiscape


Archiscape
by S.K.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

イタリア人トランペット奏者 Paolo Fresu 『THINGS』

b0074416_00254310.jpg
イタリア人のトランペット奏者、Paolo Fresuの『3 Essential Albums』を購入。3枚ひと組で安価なのがよい。その中の1枚が特に気に入っている。『THINGS』というアルバムである。

「DEAR OLD STOCKHOLM」という曲からはじまるが、この曲から引きつけられてしまう。ピアノとトランペットというデュオアルバムだが、ピアノのURI CAINEがまたよい。

マイルズ・デイビスあり、ガーシュインあり、さらにモンテヴェルディあり、そして、Paolo Fresu+URI CAINEの曲ありと、実験的なアレンジが多いが、全体として落ち着いたアレンジであり、静かな夜に聴くのに適している。

Paolo Fresuのアドリブがずっと気に入っている。チャット・ベイカーをさらに洗練させたようなメロディアスなアドリブである。「歌う」アドリブと言ってよいかもしれない。彼の吹くフリューゲルホルンの音も気にいっている。現在、わたしの目標にすべきトランペット奏者。もちろん、わたしにとって雲の上の人だけれど。


[PR]
by kurarc | 2018-04-11 00:21 | trumpet
<< 光について キャノンサイエンスラボ 増田義郎著『コロンブス』 コロ... >>


検索
最新の記事
芋焼酎 尽空
at 2018-07-14 00:45
立体音響の発見 クレマン・ア..
at 2018-07-12 22:40
「予実」という言葉
at 2018-07-09 22:27
「かたづけ士」という仕事
at 2018-07-07 21:52
アストル・ピアソラの映画
at 2018-07-03 21:47
心身と鳥のさえずり
at 2018-06-30 23:33
シナモンのリゾット(シナモン..
at 2018-06-28 18:42
携帯防災用具
at 2018-06-25 22:15
日曜夜の井の頭公園を通って
at 2018-06-24 22:10
地元のK大学病院
at 2018-06-18 18:12
カテゴリ
Notes
HP here

e-mail here

■興味のあるカテゴリを見た後に、また最初のページに戻るには、カテゴリの「全体」をクリックしてください。

■カテゴリarchives1984-1985では、1984年から1985年にかけて行った11ヶ月の旅(グランドツアー)について紹介しています。
画像は30年前のスライドをデジタル化しているため、かなり劣化しています。

■カテゴリfragmentでは、思考のヒント、覚書き、論理になる前のイメージ等、言葉を羅列する方法で書いています。

ライフログ
画像一覧
以前の記事