Archiscape


Archiscape
by S.K.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日曜夜の井の頭公園を通って

日曜であったが、2級製図講師の講習のため、著名な製図講師H先生のチューターを勤めさせていただく。著名な講師の方だけあって、受講生には常に笑顔をたやさない。しかし、やさしい先生ではない。肝心なポイントのみを簡潔に受講生に伝える。厳しくもあり、ユーモアも忘れずにである。講義が始まる前にこうした先生の講義を聴講できたことはありがたかった。

帰り、夜も9時を過ぎた頃、井の頭公園を歩きながら帰路についた。若者たちはまだ公園内で歌を歌って騒いでいるものもいる。恋人たちは静かにベンチで語り合っている。人通りが少なくなった夜の井の頭公園を歩くことは好きである。暗闇であることは刺激が少なく、気が休まるし落ち着く。しかし、女性には少し暗すぎるかもしれない。

吉祥寺駅に向かうとき、帰るときにはできる限り井の頭公園を通過するようにしている。通過することで、何かがリセットされる感覚になる。生まれてから何度この公園を通過していることだろう。通過することで、過去が新たに再生され、更新される。そのことが心をリセットしてくれているのかもしれない。

わたしにとって、最も大切な場所の一つ、それが井の頭公園である。

[PR]
by kurarc | 2018-06-24 22:10 | 三鷹-Mitaka
<< 携帯防災用具 地元のK大学病院 >>


検索
最新の記事
芋焼酎 尽空
at 2018-07-14 00:45
立体音響の発見 クレマン・ア..
at 2018-07-12 22:40
「予実」という言葉
at 2018-07-09 22:27
「かたづけ士」という仕事
at 2018-07-07 21:52
アストル・ピアソラの映画
at 2018-07-03 21:47
心身と鳥のさえずり
at 2018-06-30 23:33
シナモンのリゾット(シナモン..
at 2018-06-28 18:42
携帯防災用具
at 2018-06-25 22:15
日曜夜の井の頭公園を通って
at 2018-06-24 22:10
地元のK大学病院
at 2018-06-18 18:12
カテゴリ
Notes
HP here

e-mail here

■興味のあるカテゴリを見た後に、また最初のページに戻るには、カテゴリの「全体」をクリックしてください。

■カテゴリarchives1984-1985では、1984年から1985年にかけて行った11ヶ月の旅(グランドツアー)について紹介しています。
画像は30年前のスライドをデジタル化しているため、かなり劣化しています。

■カテゴリfragmentでは、思考のヒント、覚書き、論理になる前のイメージ等、言葉を羅列する方法で書いています。

ライフログ
画像一覧
以前の記事