台湾映画『言えない秘密』サウンドトラック

b0074416_23182894.jpg

台湾映画『言えない秘密』は音楽も優れている。映画内の音楽の大半を作曲しているのは主演のジェイ・チョウである。

サウンドトラックを初めから聴くと、映画の情景がほぼ完璧に頭の中に思い描くことができる。ジェイ・チョウの作曲能力には並々ならぬものがある。以前、このブログで映画『打ち上げ花火下から見るか?横から見るか?』のREMEDIOS(麗美)の音楽について書いたが、その音楽に匹敵するできだと思うし、映画全体も岩井俊二のテイストに近い気がする。(ジェイ・チョウは岩井の映画を観ているのでは?)

曲にはそれぞれ台湾華語のタイトルが付されているが、その漢字の羅列により想像が刺激され、漢字文化圏の日本人ならではの楽しみ方ができる。

この中では『路小雨』というタイトルと曲がよい。1分37秒の短い曲。「路」と「小雨」(グイ・ルンメイが演じるシャオユーの名前であった)という単純な漢字を羅列しただけであるが、想像をかき立てられるし、国木田独歩の小説の中に出てきそうな言葉のようである。映画の中で重要な役割を担っている『Secret』という曲もよい。サウンドトラックでは二つのヴァージョンが録音されている。

アジア人のジェイ・チョウという新たな才能に出会えたことは幸運であった。わたしはこうしたアジア人の活動にあまりにも無関心でいたことは反省しなければならない。わたしが初めて行った外国は台湾であったということも忘れないようにしなければ・・・

*上:サウンドトラック表題(クリックすると拡大されます)

[PR]
by kurarc | 2018-09-20 23:16 | music